PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
こんにちは。
minaです。


久々の工事経過報告です。
工事もいよいよ大詰めとなってきました!


先週土曜日は、ついに生コン車がお目見え。
いろいろなところにコンクリートを打設します。





本館西側の石階段。
以前の記事でも報告したように、配管工事や石段の再設置等はすでに終わっていたのですが、石階段に接する本館の内玄関の補修工事が残っていました。
それが先週中に行われ、最後の工程としてコンクリートが打たれました。


コンクリート打設前。鉄筋が置かれています



生コン車からポンプ車を経て、投入!



土間の奥から流していきます。職人さんが鏝で均していきます



職人さんの手際のよさには思わず見惚れてしまいました





あっという間に、均して完了!

あとはコンクリートがしっかり乾燥して強度を増すのを待つのみです。

この工事のおかげで、石階段の安全性が増しただけでなく、これまで使用不可だった内玄関も通れるようになりました!
人の動線の選択肢が大いに広がります。




そして、別館にも生コンが流されます。


実は別館1階は、先週よりなかなか大変な状況になっていました。


別館玄関の様子。



中に入ってみると…おお!



そうです、玄関ホールの床板が剥がされて、床下が露になっていました。



なぜこんなことになっているかというと…問題はここです。



別館の階段脇の柱なのですが、これがかなり沈下していて、建物を歪ませていました。
実は以前に少し補強をすべく、柱の下にコンクリを打ってジャッキアップを試みたのです。
しかし地盤自体が脆く、上に上がるどころかジャッキアップすればするほど地盤にめり込んでいくという状態でした。
そのため、もっと広い範囲で地盤補強が必要だということになり、今回はさらなる補強が行なわれた次第です。


↓枠で囲った部分が地盤補強のため、コンクリートを打つ範囲です。



たっぷりと生コンが注がれました。



このコンクリートが固まった後、改めて階段の補修工事となります。



そしてもう一箇所、コンクリートが打たれる場所があります。
それは、別館1階北側の擁壁。

ここは見学コースにも入っていないため、一般の方の目に触れる機会の少ない場所ですが、実は緊急性、危険性ともに高く、問題になっていた場所です。

震災の際に擁壁に大きな亀裂が入り、その亀裂が膨らんだことにより、その上の柱、つまりは別館2階の荷重を受けている柱が歪んでしまいました。

震災後の写真がこちら↓





これまでは自分たちで行なった本当に気持ち程度の補強で何とかしのいできました。



そんなこんなでしたが、この度ついに、しっかりとした補強対策を行なうことができました。
現存の擁壁を撤去するのは危険なので、現存の擁壁の外側から新たに分厚いコンクリ擁壁を設置して補強するという工事です。




これで一安心できるかな…。


とにもかくにも、今回の工事によって邸宅の災害復旧はもとより、かねてより懸念していた安全性が向上できたことに胸を撫で下ろす心地です。

そして、工事設計を担ってくださる里山建築研究所の社員さん、施工を行なってくださる大勢の職人さんに感謝感謝です。


工事完了まで、あともう少しです!
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:44Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
おはようございます。
minaです。


早速ですが、こちら。




昨年に、北条小学校の児童たちと植えたチューリップ、春の陽気に誘われてニョキニョキ芽を出しています。
花が咲くのが今から楽しみ!


昨日は、どのメディアを見ても、東日本大震災一色でしたね。
思えば、矢中の杜も、その日から災害復旧の日々が始まりました。

一時はどうなることやらと思ったこともありますが、おかげさまで多くのサポートを受けて、前進することができています。
ペースは決して速くないかもしれないけど。


先週末は、ついに別館の足場が解体されました!






作業は1日がかりでした。
なんせ別館は大きく、高さもありますからねぇ。


ちなみに足場解体の連絡を一足早く受けてた私、もうこれが最後のチャンスだ!と意を決して、少し前にこっそり西側にも上がってみました。
これまで怖くてなかなか上がれなかったところ。

傍から見たら完全にへっぴり腰で笑われるような感じだったと思いますが、なんとか西側の屋根を望みました。






むっふっふっ。
個人的に大満足。


足場が取れると、かなりスッキリしますね。

まだもう少し工事が残っていますが、邸宅もいろいろと良くなっていくのを感じます。


NPOとしての私たちはまだまだ冒頭の写真の芽のようなものですが、これからもちょーっとずつ伸びていって、花咲かせられるといいですね。

それでは、また!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 09:09Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
直ったどー( ;∀;)/
ついに…あのスカスカだった石段が…。






こんばんは。
minaです。


思わずはじめの挨拶をすっ飛ばしてしまいました。


先週末に本館石階段の再設置作業が行われ…

装いも新たに!?石階段が戻ってきました。




またもや石段作業の日に都合が悪くてお休みしてしまったので、この目で見ることができなかったのですが、
直った石段はえらく綺麗に見えました!
(掃除してくださったのかな?)


あちらこちらに出ていた配管も埋設され、とてもすっきり!


作業の様子は、公式ブログに代わって、NPO友の会会員でもあるTさんのブログで報告してくださっているので、そちらを頼らせてもらいましょう。

http://yanakagoten.tsukuba.ch/e221944.html



さてさて。
邸宅の工事はまだまだ続くのですが、ここでお知らせです!

3/16(土)は、邸宅内工事のため、邸宅公開はお休みさせていただきます。

ご理解のほど、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 19:51Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは!
minaです。


久々の、工事経過報告です!

が、本題に入る前にちょこっとお知らせです。
実は矢中の杜にもfacebookページがあるんです!
アカウントは結構前に作っていたのですが、いかんせんメンバーがfacebookに不慣れだったもので、活用していませんでした。。
が!だいぶfacebookの使い方にも慣れてきたので、遅ればせながらボチボチ活用していこうと思っています!
よければ「いいね!」してください。
そしてご友人やお知り合いにもお伝えくださいm(_ _)m



矢中の杜facebookページ
http://www.facebook.com/pages/%E7%9F%A2%E4%B8%AD%E3%81%AE%E6%9D%9C/263259647079372



では本題に移りますね。

今回の工事個所は、本館西側石階段です。
以前にkouが記事更新していた、大きな大谷石の階段を取り外した箇所ですね。
残念ながら、私はちょうどその日はお休みだったので、取り外している現場に立ち会えなかったのですが…。


以後、その階段では配管工事が行われています。







この工事の経緯を簡単に説明すると、この本館西階段は以前より地盤沈下を起こしており、それが建物にも悪影響を及ぼしていました。
震災によりそれがさらに深刻化してしまいました。
そのため、階段の下の基礎を改善する必要があったのですが、この階段部分は邸宅の様々な配水管が通っている箇所でもあります。


昔の配水管が残っているだけでなく、後に付け直したであろう配水管もいろいろとごちゃまぜになっています。
中には、破損した配水管もあり、それによる水漏れが起き、水が地盤中の土を削って、地盤沈下をさらに進行させていました。
とくにこの集水桝の辺りが深刻でした(ちょうど内玄関の外にあります)。





なので、階段の改善を行うに当たり、それらの配水管も改修することになったわけです。


ところが、この配管工事も一筋縄ではいきません。


当然のことながら、配水管は階段部分だけでなく、その先の邸宅までつながっています。
ということは、その工事のためには、かなりの距離のコンクリート基礎を斫っていかなければいけないんですね。

本館の土間からさらには坪庭まで、工事個所は延びていきます。
(本館の土間や坪庭は普段一般公開はしていないので、写真では伝わりづらいかと思いますが…)











さらに厄介なことに、先述の通り、新旧の配水管がいろいろと混在しているため、コンクリ基礎を取り外してみて初めて出てくる配水管も多数あるんです。
なかには、予期せぬ配水管も発見したり…。
この配水管は一体どこにつながってるのか???なんていう、謎の管もありました(^^;)
配水管については記録や図面が残っていないので、全容が把握できないんです。


その配水管が、すでに使用していないものなのか、現役で使っているものなのかを逐一確認しながら作業をしなければならないので、業者さんも苦労されていました。


ちなみに、昔の配水管は土管です。
こんな感じ↓で埋まっているのを掘り起こしていくのですから、大変な作業ですね。








取り外した配水管はこんなにたくさんあります。





それでも石段を取り外してから2週間経って、工事も大詰めのようです。



新たな配水管を設置し、問題の集水桝も新たに取り替えられました。









ただ、新しく配水管を設置するのも、なかなか難儀なようです。
文章で伝えづらいのですが、石階段横の大谷石擁壁を支える控え壁が階段下に設けられていて、それが配水管の勾配をつけるのを難しくしているそうで…。


本当に、一筋縄にはいきません(苦笑)
ま、これも古い建物を維持する醍醐味ということで!


配水管工事が終われば、また大谷石の階段を据え直して、ここの工事は完了になります。
大変な作業が続きますが、大震災と竜巻とを乗り越えるべく、邸宅もがんばっています。


また経過報告しますね!


それでは、今日はこの辺で。
これからは、工事経過に加えて、今後のイベントのお知らせも増えると思います♪

よろしくお願いしまーす!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:45Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは!
minaです。


ちょっと記事更新が遅れました。
やってしまいました、相変わらずの悪癖が…。
「よくモノを失くす」というね。
あ、でも後で見つかることも多いから、「どこにいったかわからなくなる」という方が正しいか。
今回は、デジカメ。
屋根工事が大体終わったので、先週その報告をしようと思ってパソコンに向かってから気づきました。
今日矢中の杜の炬燵の中に隠れているところを無事発見しました。。

なので、内容的には少し前のことになりますが、いろいろとまとめて更新します!


まずは工事経過から。


本館陸屋根の防水工事は、1月24日をもって完了しました!
ご覧ください!この輝き★★










ピカピカです!
以前にブログで紹介したドレインもしっかり収まっています。





これで雨漏りもしなくなるかな。


そしてこれは、防水シートと外壁の立ち上がりとの接続部分。





補修部分を着色をするところなのですが…。
ちょこっと塗っている部分の黄色が壁の色とだいぶ違いますね。
なぜなら、市販の黄色い着色剤を試し塗りしているから。
でもやっぱり色が違いすぎるね、ということで本家「山富貴酸化黄」の登場です!





でも…あれ?
これでも私たちが普段見慣れている外壁の山吹色とは少し違うような…ちょっと暗い感じ。
と、しばし眺めていたのですが、マノール社員さん曰く「これが本来の山富貴酸化黄の色なんですよ~」とのこと。
へー!元はこんな色なのか!!





まぁたしかに考えてみたら、本館の外壁は何十年も日に当たってますからね。
だいぶ日焼けて明るくなっているんですね。
それでも、やっぱり他の着色剤よりも随分しっくりきます。





…という酸化黄談義もしながら、防水工事完了を確認しました。
マノールの皆様、ありがとうございました!



続いて、別館の屋根工事についてです。
こちらも、瓦工事は先週で大方完了したのことです。
まだ細かい補修が残っているので足場はもう少し架かったままですが。

以前の記事で載せた写真と比べてご覧ください!
震災の際にダダーッと崩落してしまっていた下り棟も、無事に直りました。






もちろん、大事な棟も。







本当は一番被災状況のひどい西側の屋根を写したかったのですが…私がちょこちょこっと上がれる足場が東側だったので、ひとまずこちらからの写真でご勘弁を。


それにしても、よかったぁ。


屋根工事が終われば、また別の工事が始まります。
しばらくは修繕工事について経過報告を続けますね!
今回の工事については、いろいろな方からの応援の気持ちが込められているので、できる限りこの目で見て、状況を伝えていきたいと思います。


さてさて。
突然ですが、これは一体どこでしょう??
モクモクモクモク…。






遠くに筑波山が見えますね。






これでわかるかな?






そう、平沢官衙遺跡です!






平沢官衙遺跡では毎年1月に芝焼きが行われます。
いつも見に行きたいと思ってはいたものの、毎年何かの用事と重なっていて、実は今まで一度も見たことがありませんでした。

念願叶って、ついに見に行くことができました。
今年の芝焼きは1月19日。
邸宅公開の前にちょこちょこっと足を延ばして…。

今年の言葉は、「こころ」でした。





空も快晴、適度な風、澄んだ空気。
なかなかの芝焼き日和でした!
満足満足~!!


それでは、今日はこの辺で!
もうカメラを見失わないように気をつけます~。

最後は矢中の庭でにらめっこした猫ちゃんでお別れです。
見よ、この見事なふてぶてしさ!(笑)


  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:54Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備

2013年01月17日

工事経過

こんばんは!
minaです。


活動初めからあっという間に1週間が経ってしまいました。
着々と工事は進んでいます。
ただ、さすがに先日の大雪の際には工事もお休みでした。
こないだの雪はホント驚きましたねー。


先週からの1週間で撮ってきた写真を基に、経過報告します。


本館陸屋根は、東側の方は新たなシートを張り終え、すでに西側の作業に取り掛かっています。







難点は、朝の霜だとのこと。
霜が解けないと足元も滑るし、シートも敷けないですからね。
毎朝しっかりと霜がおりてるからなぁ。


さて、これはなんだかわかりますか??




陸屋根から雨樋へ続くドレイン(排水口)です。
陸屋根には多数排水口が設けられているのですが、これまではそこが雨漏りの原因となっていたりで、結構ネックとなっていました。

今回の防水工事で、ドレインも付け直します。
これまでのドレインの中に写真のドレインを通すので、昔の構造もそのまま残すことができます。
ちなみに、これまでのドレインの中はこんな感じ。




防水工事は来週まで続きます。





一方、別館の屋根はどうでしょうか。

足場をちょこっと上がらせてもらいました。
別館は2階建てですが、地盤が他よりも高いので、感覚的には3階建てくらいの高さになります。
さすがに屋根瓦の上に登る度胸はないので、足場からパシャリ。

南方向。





北方向。筑波山を背景に。





そして真正面。




こんな風に屋根を見られることなんて滅多にないですね。
写真ではわかりづらいと思いますが、かなりの急勾配です。

そして災害の爪痕も…。




これがやっと直るんですねぇ。




おまけ…足元を見下ろすとちょっと竦んじゃうかも!?






ちなみに、矢中の杜の庭には、大量の瓦が残されています。
一昨年の庭園整備の際に、きれいに並べて置いておきました。





その瓦が、今回の修繕工事にバッチリ使えるとのこと!
職人さんがスムーズに工事できるよう、先週土曜日は邸宅公開の傍ら、瓦の掃除をしました。
全部で80枚程度だったかな。





瓦掃除隊相棒のTくん。
一生懸命撮ってる姿を後ろからパシャリ。






改めて感じましたが、瓦って結構重い!
これをどうやって屋根の上に持っていくんだろう、まさか担いで上がるわけじゃないよな…?
なんて思っていたのですが、答えはすぐ目の前にありました(笑)
この梯子の荷台に乗せて、電動で持ち上げるんですね!






と、土曜日に感心していたのですが…。
なんと先日の大雪の際、風も非常に強く、この梯子までも横にズレていました。





穏やかな天候を心から望むっ!




そんなこんなではありましたが、別館の屋根工事も進んでいます。
あんな高いところで、しかも急勾配でもひょいひょいと作業をこなしてしまうんですから、さすがですよね。









ひとまず、今日のところはこんな感じでしょうか。

それでは、また!
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 22:37Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備

2013年01月10日

2013年活動初めです

こんばんは!
minaです。


遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いします~!!


矢中の杜は、今日が活動初めの日となりました。
初日からなかなか盛りだくさん。


まずは、新年最初の矢中の杜クリーン作戦。

冬休みの間に、奥庭の大王松がすっかり葉を落として、松葉のじゅうたんを地面に敷き詰めていたので、今日は松葉掃きをしてもらいました。
みんな手に手に箒を持って、中にはちりとり専門の子もいて…
寒さも吹っ飛ぶにぎやかさでした!!

おかげさまでかなりきれいになりましたよ~!





そして。
いよいよ開始します、邸宅の災害復旧工事!
多方面からのご支援により、やっと本格的な修繕工事を実現するに至りました。
深く感謝いたします。


まずは、屋根の工事からスタートです。


本館は陸屋根の防水工事。
もちろん、施工は「株式会社マノール」です~!!
なんだか、嬉しいですね。マノールに工事していただけるなんて。
龍次郎さんも喜んでいるはずです♪

今日は工事資材が運び込まれました。

大量の防水シート。



かの「山富貴酸化黄」も登場です!




既存の防水シートを剥がす作業から始まりました。
シートの下はこんな風になってたんですね。




ところどころ、亀裂や隙間ができていました。
地震の影響と思われます。
こういうところから雨漏りしてたんでしょうか。




工事経過が楽しみです。
これからもちょくちょく見にいってみようと思います!



そして、本館だけでなく別館も工事がはじまります。
すでに足場は組まれています。

すっぽりと包まれて、なんだか温かそうですね(笑)




別館は明日から瓦屋さんが入って工事開始とのことです。
別館の屋根も震災と竜巻で大きな被害があり、せっかくの立派な風格も損なわれてボロボロになっていたので、これで改善できると思うと、ホッとします。


なお、1月いっぱいは屋根工事を行う予定ですが、邸宅内は使用できるため、邸宅公開は通常通り毎週土曜日に行います。
屋根工事の様子を見てみたいという方、1月が好機ですよ~。

2月からはまた別の個所の工事が始まります。
その際は邸宅内の使用に制限がかかる可能性があるので、公開するか否かは工事の様子を見て判断いたします。
場合によっては、しばらく公開中止となるかもしれませんが、その際はご了承ください。


2013年は矢中の杜にとっても「復興」の年。
なかなかいいスタートが切れたのではないでしょうか?


ということで、活動初めの報告です。
今年も変わらず、がんばっていきましょーう♪♪
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:40Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


このブログでも何度か取り上げている、北条小学校の児童たちによる「矢中の杜クリーン作戦」。
今週木曜日は、いつもの草取りから少し趣向を変えて、チューリップの球根を植える作業を行いました。


この球根は、NPO法人つくばアーバンガーデニング経由で、筑波メディカルセンターのご好意によりいただいたものです。
たーくさんあるので、児童のみんなと一緒に植えることとなりました。



集合したら、“北条のばあば”から今回の作業について説明が。




手分けして、このプランターに植えますよー!




たくさんの球根。花の色は、幸運の黄色です♪




それぞれ手に持って…




しっかり植えてくれました。




「みんなが植えてくれたチューリップは来年の春に咲くよ~」と言うと、


「じゃあ、来年入ってくる1年生のために植えたの~?」と聞いてきた子がいます。


「そうだね、新入生が来る時に咲いてたらいいね」と返すと、


「うん、来年私の弟が1年生になるの!咲いてるといいな♪」とのこと。
優しいお姉ちゃんだねぇ。




ホント、綺麗に咲くといいですね!

ちなみに、このプランターはご希望の場合は差し上げることもできます。
一緒に咲かせたいという方いらっしゃったら、ぜひご連絡ください♪♪




北条小学校といえば、9月に5年生の授業で「北条米スクリーム」の開発経緯について話す機会がありました。
先日、そのお礼にと、5年生のみんなからお手紙の束をいただきました。




「北条米スクリーム、食べたことあるよ!」とか、
「北条米スクリームについていろいろと知ることができてよかった!」とか、
さらには「矢中の杜のお掃除もがんばってるよ!」などなど。



う、う、嬉しいっ…。

こんな風に広がりを持つなんて、作ってた当時は想像してなかったです。


北条小学校の児童たちが地域に愛着を持つきっかけに多少なりともなってるのだとしたら、苦労した甲斐があるってもんですね。


このお手紙、大切にしますね。  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:01Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備

2012年10月21日

レトロな鍵の再生

こんにちはー。メンバーのnaoです。
この週末はいい秋晴れで、とっても過ごしやすかったですね!
みなさんどこかに行かれましたか?

矢中の杜では、土曜日に邸宅公開を行ないました。
いい気候になったので、山麓にはサイクリストさんやウォーカーさんがたくさんいて、
矢中の杜にも立ち寄ってくださいました^^ありがとうございました。

そして土曜日、邸宅公開と併行して、地下室「縁の下」の扉の鍵を再生してもらいました!
「縁の下」は大谷石で造られた元・貯蔵庫です。地面より上にあるのですが、邸宅の
1階が高い位置にあり、その下に位置するため地下室としています。

扉はこんな感じ。


ここの錠前は使えなかったのですが、来月「筑波山麓秋祭り」があり、それに合わせて
ここで「うつわ展」を開くため、この度直すことにしました!

お願いしたのは、つくば市作谷にある「佐竹鍵店」さん。すてきなおじ様です。
矢中の杜では修繕を通じていろいろな職人さんに出会いますが、職人さんって
すてきですよねー。

まずは錠を分解。


中身は防犯上お見せできませんが、何かの虫の卵?でいっぱい…。おぅ…。


今回初めてこの錠前のメーカーを見ましたが、「OCEAN」という会社製です。
私はおろか、鍵屋さんも馴染みがないとのことです。どこの会社だろう…?

そして錠をいったん持ち帰り、鍵を新たに作ってきてもらいました(手彫り)!

こんな鍵です!!


レトロで良いです!この探偵もののモチーフで出てきそうな鍵穴の形状と、棒鍵が
たまりません!!

当初は錠ごと取り換えか、と心配していたので、元の錠を利用して鍵を再生して
くださったので、本当に良かったです^^

ガチャリ。

たまらん…。

こちらの地下室「縁の下」で、来月3日~、陶芸家兼子美由起さんによる「うつわ展」
(入場無料)を行ないますので、みなさんぜひ見に来てください!
大谷石の蔵とモダンな陶器、とってもすてきです♪
よろしくお願いします^^  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:32Comments(2)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


今日もまた、いいお天気でした。
そんなお天気にピッタリの活動が、お隣の北条小学校の児童による「矢中の杜クリーン作戦」!

新緑の季節は、雑草も例外ではありません。
先月キレイにしてくれた庭も、あっという間に緑のじゅうたんとなっていました。

竜巻のことで、児童のみんなを迎え入れられるか心配でしたが、そんな心配はどこ吹く風。
児童たちは元気いっぱい、庭掃除をしてくれました。

しかも、先月は6年生のみでしたが、今月から縦割り班といって、1年生から6年生混合で活動するそうです。
ベテラン組と初仕事組とが入り混じって、それはそれは明るい声を届けてくれました。
ありがとう!

雑草はなかなか強敵ですが、みんなならきっとキレイにしてくれるはず!?








また、今日も“矢中の杜 おやすみ処”はオープンしていましたが、少しずつ周知されてきたのか、被災された住民の方も来邸されるようになってきました。

そして、今日は癒しのプチコンサートと題して、お隣の小田地区で活動されている「華の幹」のメンバーさんによるクリスタルボールの演奏会もありました。

みんなで畳の上に寝転がって、ゆっくりと流れる時間を堪能しました。
どこかで寝息が聞こえるほど。
邸宅の中を通り抜ける風や庭の鳥の声、風鈴の声とも相まって、とても穏やかな時間でした。

その後保健師さんに血圧を測ってもらうと、あらビックリ、いつもより血圧が下がったなんて人も。


美味しい差し入れをいただいたりもして、スタッフまでもおやすみさせてもらっているような気がします。


明日は、筑波大生が足湯も開いてくれるそうです!
きっと気持ちいいと思いますよ~!
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 00:29Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


今日は先週に引き続き、北条小学校の児童たちによる矢中の杜クリーン作戦が行われました~!晴れ
今日の仕事は、裏門の近くにある乙女椿の花びら掃除と奥庭の草取り、落ち葉取りです。

このブログでも度々紹介しているとおり、矢中の杜ではこの時期椿が真っ盛り!
満開の様はとってもキレイなんですが…その分落ちた花びらを掃除するのもこれまた一苦労で…。


完全にピンクの絨毯と化していた庭を、児童の皆さんが一生懸命キレイにしてくれましたキラキラ



ありがたや、ありがたや。

もちろん、草取りや落ち葉取りもしーっかりやってくれましたよちょき

結果、大きなゴミ袋が5袋も満杯になりました。
すごい!!


ちなみに、今日の様子は4月24日(火)発行の地元情報誌「かわら版」でも紹介されるそうです!
要チェックですね♪
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 19:57Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備

2012年04月17日

オリジナルポスト

こんにちは。
minaです。

少し前の話。
ちょうど今から1か月前のころですが、2011年度内に私たちの手でできる最後の整備として、表門の改善に取り組みました。


その際に活躍したのが、これ。
さて、何でしょう?





昔のアサヒビールの木箱です。
印字されてる文字やロゴマークがレトロでなんともかわいい!!ハート

これがあるモノに変身です。
それは、矢中の杜オリジナルポスト~!!キラキラ


なんでポストを新たに手作りしたのかというと、殺風景な表門を少しでも改善しようと門脇のブロック塀の前に竹垣を作ったのがきっかけでした。


元々のブロック塀↓



竹垣製作後↓



なかなか、いい感じ♪と喜んだのはいいものの、実は元々の矢中の杜のポストはブロック塀に作り付けてあったので、このままでは竹垣がポストを塞いでしまって郵便物が受け取れない!汗
ということで、新しいポストが必要になりました。


それなら、既製品のポストじゃなくて、手作りでオリジナルのポストにしよう!ということになり、登場したのが先のアサヒビールの木箱です。

これをベースにしながら、屋根には竹垣に合わせて竹を用い、蓋の取っ手は矢中に残っていた“がいし”をつけて、手作り感満載のポストに仕上がっていきました。




最後に、手彫りの〒マークと“矢中の杜”のアイコンをくっつけて、完成~!!キラキラ




決して豪華でも高価でもないけど、とっても味のあるポストができました♪
あ、写真では写ってないですが、アサヒビールのロゴマークはポスト側面にちゃーんと残してますよちょき

“矢中の杜”にお越しの際は、こんなところにもちょっと目を向けてみてくださいね。


ではでは。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 19:06Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは!
minaです。


今年度から月2回程度、お隣の北条小学校の生徒さんたちが矢中の杜の庭掃除に来てくれることになりました!
名付けて、矢中の杜クリーンアップ大作戦~!

なんでも、今年度から「つくばスタイル科」なる新科目が創設されたそうで、その一環として地域活動に参加してくれるそうです。
いやぁ、ありがたいですね!

お昼の20分ほどの間、児童約20人が一生懸命に庭の草取りをしてくれました。
子どもたちの声が響くと、その場の空気も一気に活気づきますね!

これからもどうぞよろしくお願いしまーす!






そして。

今日は新しい花々の紹介です。

先日紹介した白木蓮や梅の花は、今日行った時にはほとんど散っていましたが、代わりに新しい花が咲き始めました。

まずは…。

“うめこさん”の隣の“ももこさん”です。
はい、桃の花です。
この桃の木もこの冬に植えかえたので咲かないかなと思っていたのですが、ちゃーんと咲いてくれました!
かーわいい♪




そして、お待ちかねの…
桜です!!
矢中の杜ではいつもお隣の北条小学校の桜を借景します。
やっと満開の時期を迎えました。




青空とのコントラストがまた素晴らしくて、何枚も撮ってしまいます。






さらに!
別館脇のモミジも見事です。
ついこの間まで枝だけだったのに、みるみる葉が広がって、あっという間に新緑の模様。




別館2階からはこのモミジと桜の両方を一度に楽しめます。
うーむ、贅沢だー!




しかも風が吹くと、桜吹雪まで堪能できますよ!


そんなこんなで、今日は本当に気持ちのいい一日でした。


相変わらず土曜日はお天気が優れないようですが、邸宅公開まで桜がもってくれたらいいなぁ。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:50Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備

2012年03月05日

工事、はじまってます

人も建物も、メンテナンスが必要です。



先日から始まった工事ですが、3月に入ってどんどん進行しています。
守るためにすること、そして集まる場所にするための工事です。




地域の「拠点」になること、まだ探し中ですが歩みは少しずつ進めています。


hayakawa  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 22:00Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


今回は、邸宅の工事に関するお知らせです。


“矢中の杜”では、2月末から3月一杯にかけて、旧矢中邸の修繕工事を行う予定です。
今回は、主に本館の床下&基礎工事と屋根の修繕を行いますが、それに伴い、立ち入りに制限がかかる場所が出てきます。


毎月行っている第1土曜日、第3土曜日の邸宅公開は3月も行いますが、工事状況によっては通常の見学コースと異なる可能性がありますので、見学を予定されている方は予めご了承の上、お越しください。
また、お知り合いの方へもご周知いただければ幸いです。


なお、普段の邸宅の様子が見学できない半面、通常は見られない工事の様子をご覧いただくのも貴重な機会だと当NPOでは考えております。


邸宅公開は通常通り、見学ガイド制で11:00~、13:00~、15:00~の計3回で行います。
その際には、邸宅維持修繕協力金としてお一人様500円のご負担をお願いしております。

もしご興味のある方はこの機会にぜひお越しください。

それでは、また。  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:43Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんにちは!
minaです。


邸宅公開の際に、いつも見学者の方々から「お庭がもう少し綺麗になるともっといいね」と言われ続けてきた矢中の杜の庭園。
長年放置されてジャングルと化していた庭園を3年かけて人手だけで整備し、大方の雑草を取り終えたのはいいものの、かえって緑がなくなって殺風景にも感じられていました汗


そこについにこの度、緑の仲間が加わったんです~!キラキラ
NPOメンバー内でいろいろと話し合って、造園屋さんのお力添えもいただきながら植栽計画を立てて、なんとか苗の購入に至りました。
お世話になったのは、北条に隣接する小田地区にある、小久保造園土木さん。
とても親身かつ丁寧に対応していただき、感謝感謝です。


【2月21日の穏やかな晴天の日、苗が届きました】



【わぁ、トラックにびっしり並んでいます】



【根を傷めないように、植える予定の場所に苗を運んでいきます】



【穴を掘って、しっかり土をかぶせて】



【築山上部の回遊路沿いに植えるのはドウダンツツジ。その数20本!】




苗木と苗ポットを合わせると200本ほどになり、一日じゃ植え終らないのでは…と心配されましたが、なんのその。
一日で全部植えてしまいましたちょき


【作業を終えるころにはすっかり日も傾いていましたが】



【夕日に染まるサツキ。奥の池にて】



【築山の主役はオオムラサキツツジです】





【そして本館玄関の石段前にはアセビとサツキのコラボ】



【前庭にはジンチョウゲも】



【大谷石擁壁の上の部分には土留めの役割も込めて芝桜を】



その他にも、数は少ないですが、ヤマブキ、ユキヤナギ、アジサイなども要所に植えました。


春が一層楽しみになりました笑
早く大きくなるといいな♪
今日の雨は、恵みの雨ですね雨  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 11:24Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


矢中の杜には、様々な絵画や掛け軸、屏風などがあります。
掛け軸は、このブログでも何度か紹介したとおり、季節に応じて展示替えもしています。
皆さんも見ていただけましたでしょうか。


が、今回の主役は【衝立】です。
ここしばらくの間、本館の表玄関を入ったところの壁に立てかけていた、あの大きな衝立です。

【こちらです】



一枚板を用いて、片面には野菜や果物類、もう片面には魚が絵が描かれています。

【採果図の面】



【海魚図の面】



サイズも大きく、とても重厚な印象なのですが…
残念ながら土台となる足部分が紛失しており、自立できない状態でした。

【こんな感じです】



どこを探しても土台が出てこないため、どうしたものかと思案していました。
結局、自分たちで作ってしまおう!ということになり、地道に製作に励んできました。

それがついに完成したんです!!


【製作過程:四寸の木材をカットし、土台の形に削っていきます】





【それを着色し、衝立にフィットするように隙間を埋める部材も製作】





【できあがった土台部分を本体に嵌め込み、ついに完成!!】



【横からみると】



どうでしょう!?
それなりにいい感じに仕上がったと思いませんか?


こうやって書くと、簡単そうに見えますが、結構な苦労や時間を費やしての成果なんですよ~。


完成した衝立は、自分の足で立って、玄関ホールで皆さんをお迎えしています。

見学の際にはぜひ土台部分にも注目して見てくださいね。
(ただし、素人による製作なので、温かい目でみてください 笑)

それでは、今日はこの辺で。  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 00:21Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


以前より、お知らせしていた2月の月例お掃除特別企画【障子張り替え体験会】ですが…

無事に!
障子を張り替えることができました~!!キラキラ
パチパチパチ~!!!


障子の張り替え作業は、
①古い障子を剥がす
②障子の枠をきれいに掃除する
③新しい障子を張る
という順序です。


今回は、地元の職人さんにご指導いただきながら、事前準備も含めて計3日間の作業日程で行いました。
普段作業しているスタッフの他に、ボランティアの皆さんも加わって、当初の目標枚数よりも多く、張り替えることができました!!


職人さんからみると、私たちの手つきにきっともどかしい思いをされたとは思いますが、丁寧に、根気強く指導してくださったおかげで、みんな大満足の体験ができました。


また、張り替え作業を通じて、別館と本館とで障子のレベルが違うこともわかりました!
それは障子の枠の部分!
もちろん、別館の方が手が込んでつくられています。
詳しくはぜひ実物を見にきてください~。
今後の邸宅ガイドにも加えたいと思います。


また、ACCSの記者さんもボランティアとして参加しつつ、当日の模様を取材してくださいました。
【2月18日からのACCSニュース】内で放映予定だそうです。
どんな感じに映ってるかな~♪


それでは、文章で報告すると盛り沢山すぎて書ききれないので、写真で報告します~!
登場メンバーも盛り沢山です★


【日焼けして黄ばみ、虫に喰われてボロボロの障子。これがどんな風にかわるのでしょう!?】



【まずは、古い紙を剥がす作業。刷毛などで障子の枠部分を濡らし、糊を剥がしやすくします】



【ちゃんと濡らしたら、ペラ~と上手に紙を剥がします】



【枠をキレイに掃除】



【枠だけでも美しい…なんて】



【張り替え作業の舞台は、本館座敷となりました】



【まずは職人さんの業を見てよーく勉強】



【その手際の良さはさすが!】



【適宜、スタッフもお手伝い】



【大きいものや細工の細かいものは職人さんにやっていただきました。うーん、綺麗だ~!】



【私たちが張り替え体験するのは、雪見障子部分の小さな障子となりました】



【職人さんに指導いただきながら…】



【糊をのせて】



【紙を張って】



【枠に沿って切って】



【なんとか張れました♪】



【矢中の杜でインターン中の留学生もチャレンジです】



【ボロボロだった障子も、こんな風に蘇りました】



【別館の付け書院。嵌め込んである上の部分は外せなかったので、今回は張り替えていません。これがかえって新旧のコントラストを浮かび上がらせてくれます】



小さくはありましたが、1人数枚ずつ障子を張り替えることができました♪
これで、邸宅への愛着がさらに増しましたね。


障子の紙が新しくなったおかげで、部屋全体も明るくなりましたキラキラ

ご指導してくださった職人さん、ボランティアで参加してくださった皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:34Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんにちは!
minaです。


以前にもお知らせしましたが、今週土曜日の月例お掃除会についてご案内です♪

今回は、特別企画として【障子張り替え体験会】を行う予定です!!
これは、その名の通り、旧矢中邸内の破れて傷んだままとなっている障子紙をみんなで張り替えようという企画です。

まだ参加受付可なので、週末の予定が決まっていない人、適度に身体を動かしたい人、ちょっと非日常的な過ごし方をしたい人、ぜひ一緒に活動しましょう~!

以下、障子張り替え体験会の詳細です↓

■日時
 2月11日(土) 9:30~16:00 
 ※作業の進行状況によって、終了時間が変わる場合もあります

■場所
 矢中の杜(つくば市北条94-1)

■参加費
 無料(ただし、昼食代は実費負担をお願いする場合があります)

■参加申込み
 NPO法人“矢中の杜”の守り人事務局まで
 TEL 090-6303-4531(受付10:00~17:00)
Email yanaka.no.mori@gmail.com

■備考
・当日は汚れてもよい服装でお越しください。
・張り替える障子の数にも限りがありますので、参加者多数の場合は適宜交代したり、別のお掃除を行ったりする場合がありますが、ご了承ください。
・もし11日が都合が悪いけど、張り替え体験してみたい!という方がいれば、2/9、10の2日間もスタッフが事前作業をしてますので、そちらに参加してもらうこともできます。その場合は事務局へご連絡ください


チラシも合わせてご覧ください↓
■チラシ

  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 18:26Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんにちは!
minaです。

相変わらず乾燥した日々が続きますね~。
関東の12月の降水量は過去最少だったとか。
矢中の庭もカラカラになっています。
さすがにそろそろ雨が恋しくなってくるなぁ。


さて今日は、イベントのお知らせです!!
矢中の杜では毎月第2土曜日を月例お掃除会の日としてみんなでお掃除を行っていますが、来月のお掃除会ではちょっとした企画を予定しています。


それは…
【障子張り替え体験会】!!

その名の通り、旧矢中邸の中で破れたり日焼けしたりしてボロボロになっている障子を張り替えようというものです。

みなさんは自分たちの家の障子を張り替えたりしますか?
私は小さい頃に祖父母の家で年の瀬に張り替えるのを何度か手伝った記憶がありますが、しばらくやってないですねぇ。
あれ、古い障子紙をはがすときに穴をあけたり破ったりするのが子ども心に楽しいんですよね。


ただ、私たちの世代(もしくはそれよりの下の世代)はそもそも障子の張り替えを体験したことのない人もたくさんいるのでは?
…ならば、せっかくだから月例お掃除会で企画して、みんなで張り替え作業を体験しよう!ということになりました!
自分たちでやれば、邸宅に対する愛着もさらに増しますしね。


ということで、【障子紙張り替え体験会】の詳細です↓

■日時
 2月11日(土) 9:30~16:00 
 ※作業の進行状況によって、終了時間が変わる場合もあります

■場所
 矢中の杜(つくば市北条94-1)

■参加費
 無料(ただし、昼食代は実費負担をお願いする場合があります)

■参加申込み(〆切 2/4)
 NPO法人“矢中の杜”の守り人事務局まで
 TEL 090-6303-4531(受付10:00~17:00)
Email yanaka.no.mori@gmail.com

■備考
・当日は汚れてもよい服装でお越しください。
・張り替える障子の数にも限りがありますので、参加者多数の場合は適宜交代したり、別のお掃除を行ったりする場合がありますが、ご了承ください。
・もし11日が都合が悪いけど、張り替え体験してみたい!という方がいれば、2/9、10の2日間もスタッフが事前作業をしてますので、そちらに参加してもらうこともできます。その場合は事務局へご連絡ください


■チラシ


ぜひご参加くださいませキラキラ  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 10:58Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備