PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
おはようございます。
minaです。


あっという間に週末が近づいてきました。
先週に引き続き、今週末も「乙女のつくば道特別イベント “矢中の杜”春の嫁入り」を行ないます。

今週末の企画は、
「花嫁写真と邸宅公開」です。

先輩花嫁の晴れ姿を展示します。邸宅と合わせてご覧ください♪

*日時:4/6~7(土・日) 11:00~16:00

*場所:矢中の杜

*参加費:500円(邸宅維持修繕協力金として)



昨日は展示の準備を行ないました。


古い白黒写真から、最近のスナップ写真まで。
たくさんの花嫁さんが集いましたよ~。


展示場所は別館1階です。


ちょこっとだけお見せしますね!










週末は生憎のお天気だそうですが、矢中の杜ではたくさんの花嫁さんが皆様のお越しをお待ちしております!

どうぞ遊びにいらしてください。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 07:22Comments(0)活用イベント
おはようございます。
minaです。


まず、この記事の一つ前の記事にて、3/30の花嫁行列の主役である花婿&花嫁が、当日を振り返っての想いを綴ってくれました。
ぜひご覧ください。

二人も本当にお疲れ様でしたね。


さて、私は当日とても写真を撮る余裕がなかったのですが、NPOの「カメラ担当から当日の写真データが届きましたので、当日の報告をしたいと思います!
参列者や見学者のみなさんには見えてない裏側までたっぷりと。

イベント日から少し日が開いてしまいましたが、その間、他の方々のブログにお世話になりました(笑)


では、早速いきましょう!

*****

当日の朝はNPOメンバーは8時集合で準備を始めました。
花嫁は着付けに時間がかかるので、早々に着付け開始です。
…ですが。
花嫁よりも先にちゃっかり着付けを済ませたメンバーがいます。
記録係(ビデオ&カメラ)の二人。
袴が似合ってます。
似合いすぎて、街で歩くと「今日の花婿さん?」と幾度となく声をかけられたとか(笑)




二人の着付けが終わった後、いよいよ花嫁の着付けに取り掛かったそうです。
ちなみに着付けは、元呉服屋さんである田村家(現 北条ふれあい館)にて行なわれました。




ちゃっかり白無垢も着せてもらってたんですね。
知らなかったぞー!




花婿とご対面。
どうですか、花婿さん。花嫁さんのキレイさにビックリしたかな?




花婿の着付けも開始。
花婿の袴は、花婿の家に代々受け継がれていたものだそうです。
なので少しサイズが合わなかったようですが、伝統を重んじた結果なんですね。




主役の二人が揃いました。




その後花嫁は色打掛けに着替えて、ふれあい館で待機。
提灯取替えの儀を担う女の子も着付けを終えたようです。




その間…。
矢中の杜では準備のためメンバーはバタバタと駆け回っています。

看板も書いて…




装花もアレンジして…




別館では、「今日は私も着物女子♪」と題した着付体験企画も同時進行。
一般の方も多数申し込んでくださいました。




提灯取替えの儀を担う男の子と女の子もご対面。
これから矢中の杜でリハーサルです。
二人とも可愛かった~!




着付けを終えた花婿も戻ってきて、リハーサル開始。




本番もうまくできるかな?




行列開始予定時刻に近づくにつれて、スタート地点になる北条ふれあい館前もにわかに賑わってきました。





花嫁も玄関前まで出てきています。




しばらくすると、矢中の杜から花婿と提灯を持った子どもたちが花嫁を迎えに来ました。




迎えを待つ花嫁。





二人が出逢うと、いざ行列開始です。




こちらが想像していたよりもはるかに多くの方々が見学にきてくださいました。




ゆっくり歩いて、矢中の杜に無事到着。





後ろを振り返って、ビックリ。
庭が人で埋まっています!





提灯取替えの儀が始まりました。





無事終えて、4人で一礼。





ここで一旦イベントを締めた後、再登場です。





改めて花婿よりご挨拶。





そしてお待ちかねの記念撮影会です。
もちろん提灯取替えの儀を担った子どもたちも一緒に。




NPOメンバーの集合写真も撮りました!
親族写真みたい(笑)





こうして、花嫁行列&提灯取替えの儀はめでたくお開きです。
その後、関係者を集めた食事会が行なわれました。







お料理を作ってくださったのは、神郡の「塩梅」さん。

ご馳走が並びました。










そしてみんなのテンションが上がったのはなんたってこれ!
その場で炭火で焼いてくれるサーロインステーキ!
一番のご馳走です。
焼き担当のOさん。さすが様になってますな。




花嫁もお色直しして再登場。





気温は寒かったのですが、とても心温まる食事会でした。
みんなの笑顔が印象的だった一日。


本当にお疲れ様でした。
新郎新婦のお二人、これからもお幸せに!




*****

以上、報告でした♪  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 09:00Comments(0)活用イベント
こんばんは。
minaです。


昨日、めでたく「花嫁行列」を行なうことができました。

主催者側の予想をはるかに超えるほど大勢の方々がお祝いに駆けつけてくださいました。
本当はすぐにでも当日の報告をバッチリしたいところですが、私たち当のスタッフはおおわらわ、今日も別のイベントだったもので、まだ写真や映像を整理できていないのが実情です。

だた私たちの代わりに、参加してくださった方々がブログ等で早速当日の様子を伝えてくださっているので、しばしそちらに頼らせていただきます(笑)

「矢中御殿を美味しく頂く」
http://yanakagoten.tsukuba.ch/e224124.html


「たかぼんのつくば市北条古民家暮らし」
http://taka4027.exblog.jp/20224665/


「東造園 こもれび」
http://blogs.yahoo.co.jp/azumazouen/34041511.html


少し落ち着いたら、また報告します。
せっかくですから、花嫁花婿の感想も聞きたいですね。
ゆっくり休んだら、ちょこっとお願いしてみます(笑)



この度は、参列者のみなさま、お祝いに駆けつけてくださったみなさま、準備からご協力いただいたみなさま、本当に素敵な一日をありがとうございました!

  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:45Comments(0)活用イベント
こんばんは。
minaです。


いよいよ明後日に迫ってまいりました、“矢中の杜”春の嫁入りイベント。


今日は、イベントに参加される際の駐車場についてご案内します。

矢中の杜には十分な駐車スペースはございませんので、駐車場は商店街の共用駐車場をご利用ください。
一つは、商店街の中央、もう一つは矢中の杜敷地北側にあります。
どちらも無料です。

くれぐれも各店舗等の駐車場を無断でご利用なさらないよう、お願いいたします。

駐車場の地図はこちら↓




また、3/30(土)に予定しております、「今日は私も着物女子♪」(着付体験)につきまして、
おかげさまで定員に達しましたので、参加申し込み受け付けは終了させていただきます。


当日は花嫁行列に加えて、着物女子もたくさん見られますね!
楽しみです(^ ^)


なお、3/31の花嫁修業体験につきましても、チラシ等では事前予約制とはしておりませんが、定員がありますので、確実に参加したい!という方は、事前にお申し付けください。


どうぞよろしくお願いいたします!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:52Comments(0)活用イベント
おはようございます。
minaです。


昨日の春の嵐とは打って変わって、今日は風もなくポッカポッカの陽気ですね。
早々に桜の季節になってきました。


さて、以前よりお知らせしている「乙女のつくば道」。
先日、全体を統括する企画室の乙女から、チラシのデータをいただきました。





ピンクが印象的な、可愛らしいデザインです。

すでに市内各所で配布されているので、見かけた方はぜひお手に取ってご覧ください。


また、「乙女のつくば道」のウェブページもあります。
矢中の杜の企画も紹介していただきました!

http://tsukumichi.exblog.jp/


イベントへの参加予約も徐々に入り始めました。
参加ご希望の方は、ぜひお早目にお申込みくださいね~!
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 09:07Comments(2)活用イベント
こんばんは。
minaです。


“矢中の杜”春の嫁入りの続報です♪

今日は、各種体験の際にご協力いただく先生方を紹介します。
ちなみに、この度の先生方は、昨年の「乙女のつくば道」の際、矢中の杜で展示をされた和布工房はんてん屋さんと、折形礼法の飯田先生のご縁によりお集まりいただくことができました。
こうやって次につながるイベントというのも、大切ですね。


3月30日の「着付体験」の先生は…


宇都宮の「呉服おぎはら」店主をされている
荻原葉子先生
です。

お店のHPはこちら↓
http://gofuku-ogihara.jp/



続いて、3月31日の花嫁修業体験の先生方をご紹介します


*礼儀作法

全日本作法会家督 関東支部支部長
飯塚美枝子先生

 
「さりげなく美しく」をモットーに、ビジネスマナー、冠婚葬祭のマナー、飲食のマナー、訪問応接のマナー、贈答のマナー、面接のマナー、公共のマナー、手紙・ハガキの、マナー等のご指導をなさっています。

その中から、今回は、「訪問・応接のマナー」をご指導いただく予定です。

全日本作法会のHPは こちら
http://www5a.biglobe.ne.jp/~eij/index.htm


礼儀作法の体験は、別館2階の応接間(お座敷)で行います。


 


*お茶席

大日本茶道学会教授
飯田仙猷先生


筑波山麓で折形礼法の教室を開講していることでも知られる飯田先生。昨年の乙女のつくば道では、矢中の杜別館にて格式高い折形礼法の展示をしていただきましたが、今年はお茶席の先生としてご協力いただきます。


お茶席の体験は、本館座敷で行います。






*お裁縫

和布工房 はんてん屋

 
一つ一つ丁寧に仕立てたはんてんやちゃんちゃんこで知られるつくばのはんてん屋さん。昨年の乙女のつくば道では、矢中の杜本館で心温まるちりめん細工展をしてくださいました。


和布工房はんてん屋さんのHPはこちら↓
http://www.hantenya.jp/index.htm


お裁縫は、本館居間で行います。
 




一度にこれだけの先生方に教わることができるなんて、なかなかない機会だと思います!
ぜひ、贅沢な時間をお過ごしください♪



***今日は私も着物女子♪***

着物を着て、まちを歩いてみませんか。花嫁行列に加わってもOK♪

*日時:3/30(土) 9:30-12:00(着付体験)

*場所:矢中の杜本館

*参加費:着物持参の方 1500円

       着物を借りる方 3000円

*定員:10名 事前予約制、定員に達し次第締切




***乙女の花嫁修業体験***

花嫁が身につけるべき礼儀作法、お茶、お裁縫を体験。矢中の杜で女を磨きませんか?

*日時:3/31(日)※30分の体験を3種類、各体験の間に15分の休憩

     午前の部 10:00~12:00(定員30名)

     午後の部 13:00~15:00(同上)

*場所:矢中の杜

*参加費:3500円(体験料、邸宅維持修繕協力金込み)


  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:09Comments(0)活用イベント
こんばんは。
minaです。

早速ですが、この写真。




前回の記事でもお知らせした、3月30日(土)に予定しているイベント“矢中の杜”春の嫁入り~花嫁行列~にて、花嫁は北条にお住まいの地元の方がご好意で貸してくださった花嫁衣裳を纏います。
鶴が舞い、金糸銀糸で彩られた色打掛は、それはそれは華やかの一言に尽きます。
かつらや小物まで、一式お貸しくださいました。







今回のイベントは、NPOにとっても、とても意味のある企画です。


そこで今日は、“矢中の杜”春の嫁入りについて、その企画が決まるまでの道のりをお伝えしたいと思います。


そもそも、なんでまた、「嫁入り」がイベントのテーマに!?と思われる方も多いかなと思いますが、これにはもちろん、ちゃーんと理由があります。


まず「乙女のつくば道」というイベントが前提にあるのですが、このイベントは、その名の通り“乙女”(女子、女性)が心躍るような企画を思う存分やっちゃいましょ♪というものです。
なかなか偏った(?)コンセプトですが、これがなかなかウケもよく、ノリもよく、何より楽しいんですな。
昨年の春、初めてこのイベントがつくば道沿道で開催されて、矢中の杜も参加していたのですが、それはもう大変好評でした。


1月に「今年も乙女やるよ~」という連絡をいただき、さぁて矢中の杜では今年は何をしようかと数人の“乙女”と考えていたところ、モクモクと膨れ上がったのが「花嫁」というキーワード。
乙女なら誰もが心躍る言葉ですね。

ただ、それだけじゃないんです。


「花嫁」が私たちの間で意味を持つのは、もう一つ理由があるんです。


実は、矢中の杜の活動を通じて出逢った二人がめでたく結婚することになったんです。
二人は、結婚するにあたって、北条に感謝の気持ちを表すにはどうするのがいいかなと以前から考えていました。
北条でお世話になった方々に少しでも喜んでもらえるようにしたいと、かつて北条で婚礼の際に行われていた「提灯取り替えの儀」を再現できないか、と。


それなら、せっかくだから乙女のつくば道に合わせて、「花嫁/嫁入り」をテーマに、企画を考えてみたらどうだろう!


…というのが、企画立案のスタートでした。



イベントの準備を進める中で、花嫁、花婿を中心にして、昔の提灯取り替えがどのように行われてたか、地元の方にいろいろとお話を聞きに行き、伝統を紐解いています。
なかには仲人として提灯取り替えの儀を取り仕切ったことがあるという95歳の大先輩にも出逢えたとのこと。
聞く側が学ばせてもらっているのは言うまでもないですが、話をする側の地元の方も嬉々としてお話してくださるそうです。


一方、花嫁衣裳についても、どうしたものかと考えあぐねていたのですが、普段NPOで一緒に活動している地元の方がいろいろと声をかけてくださった結果、北条で貸してくださるという方が見つかりました。


それが、冒頭の打掛です。
その他にもかつらや小物まで、一式お貸しくださいました。


貸してくださったその方も、すごく喜んでくださっているようです。



イベントとしてあまりハードルを上げても大変なので、地域の方全員とはいかないかもしれませんが、規模はささやかかもしれませんが、NPOとしても、ただイベントをするのではなく、この企画が二人にとって、そして参加される皆様にとって素敵なものになるように、準備を進めていきたいと思います。


また、着付体験や花嫁修業体験、花嫁写真など、他の企画についても随時続報を届けていきますね。


花嫁を目指している乙女も、すでに花嫁になっている乙女も、そして花嫁を求めている男性も、その親御さんも、楽しんでいただけますように!


*花嫁行列

北条で出逢い、この春結婚する二人が、古式ゆかしき「提灯取替えの儀」を再現。花嫁が花婿とともに、商店街を歩きます。

*日時:3/30(土) 13:00~14:00

*場所:北条ふれあい館から矢中の杜玄関前

※荒天中止
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 22:33Comments(0)活用イベント
こんばんは!
minaです。


2月も終盤となり、いよいよ花の季節が近づいてきましたね!

矢中の杜では、3月末から4月頭にかけて、花の季節にピッタリなイベントを企画しています!
テーマは嫁入り(花嫁)♪

今日はそのお知らせです。


ゆけゆけ♪乙女のつくば道 特別イベント

〝矢中の杜”春の嫁入り




3月下旬から4月上旬にかけて、昨年大好評だった春のイベント、「ゆけゆけ 乙女のつくば道」がつくば道沿道にて開催されます。
その一環として、矢中の杜では「春の嫁入り」をテーマとして様々なイベントをご用意しています。
花嫁になりたい乙女も、すでに花嫁になっている先輩乙女も、ぜひ楽しんでください♪
もちろん、男性も大歓迎ですよー!

※なお、特別イベント実施のため、3/30、31は通常の邸宅公開は行ないません。


各企画の詳細は以下の通りです。



*花嫁行列

北条で出逢い、この春結婚する二人が、古式ゆかしき「提灯取替えの儀」を再現。花嫁が花婿とともに、商店街を歩きます。

*日時:3/30(土) 13:00~14:00

*場所:北条ふれあい館から矢中の杜玄関前

※荒天中止



*今日は私も着物女子♪

着物を着て、まちを歩いてみませんか。花嫁行列に加わってもOK♪

*日時:3/30(土) 9:30-12:00(着付体験)

*場所:矢中の杜本館

*参加費:着物持参の方 1500円

       着物を借りる方 3000円

*定員:10名 事前予約制、定員に達し次第締切




*乙女の花嫁修業体験

花嫁が身につけるべき礼儀作法、お茶、お裁縫を体験。矢中の杜で女を磨きませんか?

*日時:3/31(日)※30分の体験を3種類、各体験の間に15分の休憩

     午前の部 10:00~12:00(定員30名)

     午後の部 13:00~15:00(同上)

*場所:矢中の杜

*参加費:3500円(体験料、邸宅維持修繕協力金込み)




*花嫁写真と邸宅公開

先輩花嫁の晴れ姿を展示。邸宅と合わせてご覧ください♪

*日時:4/6~7(土・日) 11:00~16:00

*場所:矢中の杜

*参加費:500円(邸宅維持修繕協力金として)

※写真をお貸しいただける方も募集しています!



お申込み、お問い合わせはNPO法人“矢中の杜”の守り人事務局までご連絡ください。

特定非営利活動法人 "矢中の杜”の守り人 事務局
〒300-4231 つくば市北条94-1
Tell :090-6303-4531(受付:10:00-17:00)
Email:yanaka.no.mori@gmail.com


たくさんの方々のご参加、心よりお待ちしておりますキラキラ





↑昨年は、乙女のつくば道イベントの初日に、まるでイベント開催を祝福するかのように矢中の杜の梅の花が開花しました。

今年はいかに!?

桜はまだだろうけど、お花も楽しめるといいですね!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:54Comments(0)活用イベント
みなさまこんにちは。矢中の杜よりお知らせです。

連日大変ご好評いただきました、【乙女のつくば道】企画「折形礼法展示、押絵・ちりめん細工展示」は、最終日の今日、暴風への警戒のため誠に勝手ながら13時をもって終了とさせていただきました。

本日までお越しくださった方々、本当にありがとうございました。
また、本日の午後にご来邸を予定されていた皆様、申し訳ございません。

これから天気が荒れてくるようですので、皆様お気をつけてお過ごしください。  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 13:24Comments(0)活用イベント
こんばんは。
minaです。

今日も矢中の杜では、“乙女のつくば道”企画、ちりめん細工展示会と折形礼法展示会が開催されました。
天気も昨日に引き続き、春の陽気で、多くの“乙女”の皆様にお越しいただきました。

矢中の杜の庭の、椿とこぶしの花も咲き乱れ、紅白の色彩で皆様をお迎えいしていましたにこにこ

…ですが!!

最終日となる明日は、またも嵐の予報。
先週土曜日を凌ぐ程の強風だとか…。

そのため、天候の具合によっては、安全確保のために開催時間を短縮する可能性もあります。

もし来邸をご検討中の方は、なるべくお早めにお越しください!

どうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:21Comments(0)活用イベント
こんにちは、kouです。
前回のエントリーで告知のあった「乙女のつくば道」が金曜から開催されて3日目、ようやくレポさせてもらいます。

土曜はあいにくの風と雨でしたが、日曜は天気にも恵まれて朝から大勢の方が矢中の杜を訪ねてくださいました。
その数およそ150人!
これは、矢中の杜史上2番目の数字となっています。
おかげで、邸宅内はおおわらわ。
展示企画のちりめん細工の方々、折形礼法の方々、そして土日限定カフェ企画の塩梅さんもてんやわんやで来た人をもてなしました。

そんな中で撮れたいくつかの写真から、レポさせてもらいます。
今回の企画、コンセプトはなんたって「乙女」です。
なので、乙女の琴線に触れるイベントをそれぞれ考案してださいました。
それが、本館・別館両方で行なわれたワークショップです。



見てくださいこの圧倒的な乙女率を。
矢中の杜史上かつてない濃さで、みなさん和気あいあいと和小物つくりに精を出しています。





こちらは折形の一つを実際に折ってみるワークショップです。
渡す相手に折る時間も含めてお贈りするのが折形の行動美学。
はさみを使わずできる折形は、ワークショップの参加者からため息が漏れるほど。


また、土日限定で地下室で行なわれたカフェでは乙女ランチがお迎えします。



写真は土曜日の乙女ランチ。
かわいくってボリュームたっぷりという、よくばりなお弁当でした。
(ちなみに撮影にあたって店主から「乙女力がない」とダメ出しされた僕です・・・)


こんなレポだけでは魅力を伝えきれない「乙女のつくば道」@矢中の杜は、3日火曜まで行なっております。
時間は11:00-16:00.。
11:00と14:00には邸宅ガイドもやってますので、合わせてどうぞ~。


  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:17Comments(0)活用イベント
こんばんは!
minaです。

まだまだ寒い、と言いながらも、通勤中に車窓から見える景色に緑が増えてきました。
春、もう少しだー!

さて。
そんな春の訪れにピッタリのイベントがあります!
その名も「乙女のつくば道」!!

企画プロデューサーより

「つくば道って知ってますか?・・・  ふんわり ふくらむ 山を見ながら  かわいいもの おいしいもの  すてきな事に出会いに   つくば道を歩いてみませんか?」

とのことです!


もちろん、“矢中の杜”も当イベントに協力してます!!
詳細は以下の企画内容をどうぞご覧くださいませー♪♪
(矢中の杜で行われる企画は、⑧と⑨です)
パンフレットも添付しておきますね!
ぜひぜひ、奮ってご参加ください!



*企画概要

  つくば道沿いのあちこちの地点において、イベントやおいしいものをたべましょ★
  2012年3月24日から4月8日(日)まで、つくば道が乙女で賑わいます!!


*企画詳細
企画①
 お花見ビューティーストレッチウォーキング
 期日:4月1日(日)

企画②
 野花を生けるワークショップ
 日時:4月8日(日)

企画③稲葉酒造の春限定企画「カフェ リュヌド」OPEN
 日時:3月24日(土)、25日(日)、31日(日)、4月1日(日)、8日(日)

企画④
 ハシバミの焼き菓子
 日時:3月31日(土)、4月1日(日)

企画⑤
 筑波山旧郵便局OPEN
 日時:3月31日(土)、4月1日(日)

企画⑥
 わた部の春の蚕影山神社ツアー  
 日時:3月28日(木)
 集合:神郡市営駐車場 10時!

企画⑦
 やってみる?足踏みミシン
  日時:3月31日(土)、4月1日(日) 10時~15時
   ※その他ちくちくワークショップ開催!

企画⑧
 国登録有形文化財「矢中の杜」で
  和をいつくしむ 春の二大作品展
 日時3月30日(金)~4月3日(火)
  1、心をつつむ『折形礼法展』
  2、小さきものは、みなうつくし。『押絵・ちりめん細工展』
   ※それぞれワークショップあり

企画⑨
 矢中の杜「地下倉庫」にて
 【筑波山麓 出張カフェ❤】by塩梅
 日時:3月31日(土)、4月1日(日)
 *花咲乙女ランチ、多国籍スイーツなどなど



また期間中、
 4月1日は、
 筑波山神社 御座替祭(おざがわりさい)が開催。
 筑波山神社HP参照ください。
 
詳細は、
 http://tsukumichi.exblog.jp/


プロデュース===ツクバミチコたち 
{問}・・・tsukubamichiko@gmail.com



【おまけ】



先日、矢中のスタッフのみんなで筑波山梅林へ遠足に出かけました♪
今年は天候の影響で梅の開花がかなり遅れているとのことですが、私たちが観梅に行った時は紅梅が7分咲きでした。

おや、梅の枝の上ででピクリともせずに人々を迎えているのは…??
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:58Comments(0)活用イベント

2012年01月31日

[2/4]冬の北条市+α企画

こんにちは。久しぶりの管理人です。
寒い日が続きますね。矢中邸の夜もさすがに冷えますよ。
このときばかりは通期構造もうらめしかったり(笑)

さて、今週末は第1土曜ですね。
ですので、邸宅公開の日となります。
ブログをご覧の方で矢中邸にきたことがない!という方がいらっしゃれば、この機会にどうぞいらしてくださいね。

また、土曜日は北条市が商店街内で開かれます。
地元物産や手作り品のならぶ市は、かれこれ5年目を迎えようとしています。

そこで市に合わせて、わがNPOでも邸宅の前で「ホットドリンク」を提供しようと思います!
どんな飲み物を提供するかは……絶賛企画中です!w
土曜までに続報をお伝えしますので、どうぞお楽しみに⭐


ko
  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 10:22Comments(0)活用イベント
こんばんは。
minaです。

いよいよ“縁”プロジェクト本番が近づいてきました!!
先週より本格化してきた会場準備。
明日が大詰めといったところでしょうか。

イベントの準備のために現在邸宅内はゴチャゴチャ気味。。
でも皆様に気持ち良く見ていただけるよう、会場設営がんばりますよー!


皆様もてるてる坊主作って、当日天気に恵まれるようお祈りしてください~。


さて、イベント当日、車でいらっしゃる方へお知らせです。

矢中の杜では原則としてお客様用の駐車場はありません。
そのため、駐車場は矢中の杜から少し離れた商店街の共用駐車場のご利用をお願いいたします。


駐車場はこちら↓



オレンジ色で囲っているのが矢中の杜で、画像右上と左下に赤く丸で囲っているPが利用可能な駐車場です(googlemapを基に作成)。
各店舗や個人敷地への無断駐車はしないでください。
なお、マップ検索の際は「つくば市北条94-1」で検索すると矢中の杜が表示されます。


駐車場から会場までは少し歩く必要がありますので、お時間に余裕を持ってお越しください。


また、公演鑑賞にあたって、何点か留意事項があります。
①服装について
ここ数日、冷え込んできました。邸宅内の防寒対策にも限界がありますので(エアコンもありません)、【必ず暖かい服装】でお越しください。

②靴について
 公演中に庭園内を移動する機会がありますので、歩きやすい靴でお越しください。
 ピンヒール等は庭園を傷つける恐れがありますので、ご遠慮ください。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 18:57Comments(0)活用イベント
おはようございます。
minaです。

先週末で筑波山麓秋祭りが無事閉幕しました。
会期中は、矢中の杜でも邸宅公開を行ないましたが、おかげさまで連日多くの方に来ていただき、賑やかに過ごすことができました。
見学に来てくださった皆様、お手伝いしてくれたスタッフの皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

さてさて。
秋祭りが終わっても、矢中の杜では一大イベントが残っています!
何度かお知らせしていますが、今月の第3、4週の土日に矢中の杜”縁”プロジェクト2011「演劇×文化遺産×ダンス」を開催しますよ~!!
なお、当イベントは邸宅および庭園を活用して行なうので、客席数には限りがあります(一日35名程度)。
人数多数の場合は入場をお断りする可能性もありますので、参加ご希望の方はお席の確保のため、なるべくお早めにチケットをお求めくださいね。


イベント開催に向けて、舞台となる矢中の杜も着々と準備を進めています。
今日はその様子をちょこっとだけお伝えしようと思います。


まず、公演のメインステージとなるのは、なんとこちらの滝&池!



今は水が流れていないので、正確には滝跡&池跡ですが、こんなところを演者さんが動き回るんですねー。
結構な絶壁ですが…果たしてどんな公演になるのでしょう。
私たちも当日まで見れないので、どんな感じになるのか楽しみです。
でもちょっとハラハラするかも…!?笑

私たちは演者さんが動きやすいように、石と石の間の土をきれいにしたり、砂で滑らないように掃いたりして舞台を整えています。


そして、先日の大きな成果がこれ!!




これは築山(邸宅の東側の庭石が積みあがっているところ)の上の部分です。
これまでは雑草が生い茂り、長年積もった土で覆われていたところなんですが、そこの土を取り除くと…このように石が敷かれていて、立派な遊歩道になっていたんです!

「昔は歩いて通れるようになっていた」と前から聞いてはいたんですが、こんな敷石までバッチリ出てくるなんて!!
感動モノです♪
作業に当たっていたスタッフも「整備というより、まるで遺跡の発掘作業みたい」と笑っていました。
今後もこの作業を進めていけば、本当に気持ちよく回遊できる庭園になりそうです。


今度の公演で演者さんや観客の皆様もここを歩くのでしょうか!?
それは当日までのお楽しみですね~。


最後に、公演の一つに百景社による「斜陽」(太宰治原作)を予定していますが、それにちなんで矢中の杜から時折眺められる”斜陽”を皆さんにおすそわけ。
公演の時もこんな斜陽が眺められるといいのになぁ。

















多くの方々のお越しを心よりお待ちしております~!!


*******イベント詳細*******

矢中の杜“縁”プロジェクト2011「演劇×文化遺産×ダンス」


■企画概要

国登録有形文化財にもなっている“矢中の杜”(旧矢中邸)を舞台に、これまでの活動でつながった人や団体同士の交流を通じて、新たな「縁」を生み出すことを目的とした「矢中の杜“縁(えにし)”プロジェクト」。

今年度は、通常の劇場ではない場所を活用した公演を積極的に行っている2つの舞台創作団体(劇団「百景社」、ダンスパフォーマンスグループ「AAPA」)との協働で、文化財建造物と舞台芸術との融合を図りながら公演を行います。

百景社は、昭和を代表する小説家太宰治の代表作「斜陽」を公演。本作は邸宅の建設時期ともちょうど重なることから、往時を偲ばせる矢中の杜の空間を活かしながら、没落していく華族の物語を上演します。

一方AAPAは、“矢中の杜”の守り人たちの邸宅での日々が生み出す「足跡」をたどりながら、空間としての“矢中の杜”を巡る、ダンスパフォーマンスを上演します。

また、2団体の公演以外の時間は“矢中の杜”の邸宅公開および大谷石造りの地下室を活用した交流スペース「Cafe縁の下」を実施します。


■開催日時
 11月19日、20日、26日、27日の土日4日間
 11:00 open
 18:00 close

 AAPA公演 開演時刻:13:00
 百景社公演 開演時刻:15:30

■チケット料金 
 前売り 3300円/当日 3500円(開催期間中のいずれか一日有効)
 このチケットで2団体の公演および邸宅公開のすべての企画に参加できます
 (cafe縁の下は別料金です)


■お問い合わせ
特定非営利活動法人 "矢中の杜”の守り人 事務局
〒300-4231 つくば市北条94-1
Tell :090-6303-4531(受付:10:00-17:00)
Email:yanaka.no.mori@gmail.com
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 10:43Comments(0)活用イベント
こんばんは。
minaです。

秋祭り期間中とあって、連日”矢中の杜”も賑わいをみせています。
大変嬉しいことです。

ただ、昨日、11/3の15:00の回で見学された方で、靴を履き間違えて帰られた方がいらっしゃるようです。

女性モノのスニーカーで、白地にピンクのラインが入った紐靴です。

もし心当たりのある方、もしくは知り合いで該当するような方がいらっしゃいましたら、早急に矢中の杜の事務局までご連絡ください!

事務局
TEL 090-6303-4531
メール yanaka.no.mori☆gmail.com
(☆を@に替えてください)

どうぞよろしくお願いいたします。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:39Comments(0)活用イベント
こんばんは!
minaです。

さぁ、お待ちかね(かしら?)のビッグなお知らせです。
秋といえば、矢中の杜はイベントの季節です!
昨日ご案内した「筑波山麓秋祭り」に引き続き、矢中の杜では今までにないイベントを企画しています♪

では、早速ご案内です↓

矢中の杜”縁(えにし)”プロジェクト2011

 「演劇×文化遺産×ダンス」

《企画趣旨》

この度は「矢中の杜“縁(えにし)”プロジェクト2011」と題して、“矢中の杜”(旧矢中邸)を舞台に、これまでの活動でつながった人や団体と交流することで、市民や他団体との「縁」を生み出す事業を行うこととなりました。

今年度は、通常の劇場ではない場所を活用した公演を積極的に行っている2つの舞台創作団体(劇団「百景社」、ダンスパフォーマンスグループ「AAPA」)との協働で、文化財建造物と舞台芸術との融合を図りながら公演を行います。


矢中の杜はこれまでさまざまな縁に恵まれて、活動を行なってきました。
この企画を通じて新たな縁が生まれ、交流の輪が広がっていけばと思います。


《日時》
11月19(土)、20(日)、26(土)、27(日)の計4日間
  各日 open  11:00
      close 18:00(最終受付 17:30)


《企画内容》

 ◆ダンスパフォーマンス 『足跡 “矢中の杜”tracks』 by AAPA

開演時間:13:00

簡単な作品紹介
“矢中の杜”の守り人たちの邸宅での日々が生み出す「足跡」をたどりながら、空間としての“矢中の杜”を巡る、ダンスパフォーマンスを上演。

団体紹介
2004年に神奈川県横浜市を拠点として活動を始める。舞台公演を行うことで、作り手・観客が普 段は離れている場所に触れることの意味を重視し、これまでに海水浴場、公園の休憩所、鉄道の高架下、風力発電所など、劇場外の様々な場所で公演を企画している。国内各地のアートフェスティバルを中心に、劇場外での作品上演に積極的に取り組んでいる。
HP:http://aapa.jp/



 ◆演劇 『斜陽』 by 百景社

開演時間:15:30

簡単な作品紹介
昭和を代表する小説家太宰治の代表作「斜陽」を公演。本作は邸宅の建設時期ともちょうど重なることから、往時を偲ばせる矢中の杜の空間を活かしながら、没落していく華族の物語を上演。

団体紹介
2000年より茨城県つくば市を拠点に活動を開始する。演劇と地域との関わりを模索しながら続けてきた活動は、2010年で10年目を迎え、既成の劇場空間の公演に留まらず、野外空間、田んぼ、古民家、石組倉庫、カフェでの公演など多岐にわたっている。古典作品を中心としたレパートリーを持ち、古典を知的に解釈しながら、俳優たちの身体的な遊びを通して現代でも体感できる芸術に生まれ変わらせる演出と、様式的な身体と遊びを同時に体現する俳優陣に定評がある。
HP:http://www17.plala.or.jp/hyakkeisya/

  
 ◆文化遺産 『“矢中の杜”邸宅公開&Cafe縁の下』 by NPO“矢中の杜”の守り人

上記2団体による公演以外の時間は“矢中の杜”の邸宅公開を行なうとともに、観客、出演者、スタッフが思い思いに交流で切る空間として大谷石造りの地下室を活用したカフェ「Cafe縁の下」を設けます。
  

《チケット》
 前売り 3300円(10/8 受付開始)
 当日  3500円
※上記チケットは1日フリーパス制で、邸宅見学および2団体による公演のすべてに参加できます。また途中入退場も可能です。


《備考》
本イベントの詳細を記載したチラシを“矢中の杜”内および、市内各施設等にて随時お配りしています。(山吹色が目印です!)
ポスターも作成してますので、ぜひご覧になってください。




ご友人やお知り合いの方々へもどんどん周知していただけると嬉しいです。


チケットのご購入やイベントに関する質問等ございましたら、矢中の杜事務局までお気軽にお問い合わせください。


昭和のお屋敷と庭園が一体どんな舞台となるのか、どんな演出が行なわれるのか、今からすごーく楽しみです♪

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしています。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:35Comments(2)活用イベント

2010年11月05日

Artist in Residence

もうこんな時間だけど、記事更新します。
この一週間、泊り込みで作品をつくっているAAPA(Away At Performing Arts)。
生活が邸宅に溶け込みながら、少しずつここに馴染んでいく彼らが織り成す世界は、
僕たちにちょっと違った見方を与えてくれます。

・・・そんなこんなな一週間、よく考えてみたらこれって、Artist in Residenceってやつですよね?
これまでArtist in Residenceなんて、芸術家の人たちが長期間滞在するだけのことと考えていました。
でも、実際は違うんです。
邸宅に生活が溶け込むように、生活に「アート」な感覚もまた溶け込んでいくんです。

「アート」って気づきなのかなぁって。

ついに明日は本番です。
まだ、チケットあります。(日曜の昼は完売です。)

このブログをみてふと思い立った方は矢中の杜にきてみてください。
きっと「ほかでは味わえない時間」を体験できると思いますよ。


<練習風景。空池>
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:56Comments(1)活用イベント

2010年11月04日

共同生活②

AAPA×矢中の杜舞台公演プロジェクト「ブランク」

邸宅に泊まりながらの制作やってます。
今日は、ダンサー2人も泊まっての練習です。


【まるで合宿】



矢中の杜舞台公演プロジェクト「ブランク」は今週末の土日12:00~、16:00~に行なわれます。
詳しくは こちら

公演は日没と屋敷が溶け込む夕方の会がオススメです。
まだ若干の空きがございます。

予約申し込みは yanakanomori@gmail.com まで。



hayakawa  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 15:22Comments(0)活用イベント

2010年10月31日

初めての共同生活

こんばんは、管理人のハヤカワです。

ついに筑波山麓秋祭りも始まりましたね!
初日はあいにくの天気となってしまいましたが、初参加の「矢中の杜」としては、
気合入れてがんばっていこう!という気持ちでいっぱいです。

今日(30日)も、台風のなかわざわざ見学にきてくださったお客さまが7名、いらっしゃいました。
地元北条出身の方から、なかにはアメリカから帰国してすぐ来てくれたというご婦人も・・・
アンケートにいただいた邸宅の雰囲気づくりに関しては、今後も改善していけたらと思います!


さて。
話は飛びますが。

前回記事で、AAPA(Away At Performing Arts)との公演案内を書きました。
そのAAPAのメンバーが、今日から邸宅に泊まりこんで制作を開始します!

制作の様子は、おいおい更新していけたらと思うのですが、今日僕も練習風景を見て思いました。

こ れ は 面 白 く な る 。

「ここにしかない時間」が具体的になっていくのを感じ、これから一週間、あらゆる媒体を使って呼びかけたいと思います。

矢中の杜×AAPA舞台公演プロジェクト「ブランク」は、
11/6と11/7、各日とも12:00と16:00からの公演となっております。
詳細は、こちら

ご予約は、yanaka.no.mori☆gmail.com (☆を@に変えて)までお待ちしております。


終わりのある「物」と終わらない「言葉」
終わりのあとにある「ブランク」
終わりの予兆はあなたに何を伝えるか

乞うご期待!
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 02:49Comments(0)活用イベント