PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
こんばんは。
minaです。


今回は、邸宅の工事に関するお知らせです。


“矢中の杜”では、2月末から3月一杯にかけて、旧矢中邸の修繕工事を行う予定です。
今回は、主に本館の床下&基礎工事と屋根の修繕を行いますが、それに伴い、立ち入りに制限がかかる場所が出てきます。


毎月行っている第1土曜日、第3土曜日の邸宅公開は3月も行いますが、工事状況によっては通常の見学コースと異なる可能性がありますので、見学を予定されている方は予めご了承の上、お越しください。
また、お知り合いの方へもご周知いただければ幸いです。


なお、普段の邸宅の様子が見学できない半面、通常は見られない工事の様子をご覧いただくのも貴重な機会だと当NPOでは考えております。


邸宅公開は通常通り、見学ガイド制で11:00~、13:00~、15:00~の計3回で行います。
その際には、邸宅維持修繕協力金としてお一人様500円のご負担をお願いしております。

もしご興味のある方はこの機会にぜひお越しください。

それでは、また。  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:43Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんにちは!
minaです。


邸宅公開の際に、いつも見学者の方々から「お庭がもう少し綺麗になるともっといいね」と言われ続けてきた矢中の杜の庭園。
長年放置されてジャングルと化していた庭園を3年かけて人手だけで整備し、大方の雑草を取り終えたのはいいものの、かえって緑がなくなって殺風景にも感じられていました汗


そこについにこの度、緑の仲間が加わったんです~!キラキラ
NPOメンバー内でいろいろと話し合って、造園屋さんのお力添えもいただきながら植栽計画を立てて、なんとか苗の購入に至りました。
お世話になったのは、北条に隣接する小田地区にある、小久保造園土木さん。
とても親身かつ丁寧に対応していただき、感謝感謝です。


【2月21日の穏やかな晴天の日、苗が届きました】



【わぁ、トラックにびっしり並んでいます】



【根を傷めないように、植える予定の場所に苗を運んでいきます】



【穴を掘って、しっかり土をかぶせて】



【築山上部の回遊路沿いに植えるのはドウダンツツジ。その数20本!】




苗木と苗ポットを合わせると200本ほどになり、一日じゃ植え終らないのでは…と心配されましたが、なんのその。
一日で全部植えてしまいましたちょき


【作業を終えるころにはすっかり日も傾いていましたが】



【夕日に染まるサツキ。奥の池にて】



【築山の主役はオオムラサキツツジです】





【そして本館玄関の石段前にはアセビとサツキのコラボ】



【前庭にはジンチョウゲも】



【大谷石擁壁の上の部分には土留めの役割も込めて芝桜を】



その他にも、数は少ないですが、ヤマブキ、ユキヤナギ、アジサイなども要所に植えました。


春が一層楽しみになりました笑
早く大きくなるといいな♪
今日の雨は、恵みの雨ですね雨  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 11:24Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


矢中の杜には、様々な絵画や掛け軸、屏風などがあります。
掛け軸は、このブログでも何度か紹介したとおり、季節に応じて展示替えもしています。
皆さんも見ていただけましたでしょうか。


が、今回の主役は【衝立】です。
ここしばらくの間、本館の表玄関を入ったところの壁に立てかけていた、あの大きな衝立です。

【こちらです】



一枚板を用いて、片面には野菜や果物類、もう片面には魚が絵が描かれています。

【採果図の面】



【海魚図の面】



サイズも大きく、とても重厚な印象なのですが…
残念ながら土台となる足部分が紛失しており、自立できない状態でした。

【こんな感じです】



どこを探しても土台が出てこないため、どうしたものかと思案していました。
結局、自分たちで作ってしまおう!ということになり、地道に製作に励んできました。

それがついに完成したんです!!


【製作過程:四寸の木材をカットし、土台の形に削っていきます】





【それを着色し、衝立にフィットするように隙間を埋める部材も製作】





【できあがった土台部分を本体に嵌め込み、ついに完成!!】



【横からみると】



どうでしょう!?
それなりにいい感じに仕上がったと思いませんか?


こうやって書くと、簡単そうに見えますが、結構な苦労や時間を費やしての成果なんですよ~。


完成した衝立は、自分の足で立って、玄関ホールで皆さんをお迎えしています。

見学の際にはぜひ土台部分にも注目して見てくださいね。
(ただし、素人による製作なので、温かい目でみてください 笑)

それでは、今日はこの辺で。  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 00:21Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんばんは。
minaです。


以前より、お知らせしていた2月の月例お掃除特別企画【障子張り替え体験会】ですが…

無事に!
障子を張り替えることができました~!!キラキラ
パチパチパチ~!!!


障子の張り替え作業は、
①古い障子を剥がす
②障子の枠をきれいに掃除する
③新しい障子を張る
という順序です。


今回は、地元の職人さんにご指導いただきながら、事前準備も含めて計3日間の作業日程で行いました。
普段作業しているスタッフの他に、ボランティアの皆さんも加わって、当初の目標枚数よりも多く、張り替えることができました!!


職人さんからみると、私たちの手つきにきっともどかしい思いをされたとは思いますが、丁寧に、根気強く指導してくださったおかげで、みんな大満足の体験ができました。


また、張り替え作業を通じて、別館と本館とで障子のレベルが違うこともわかりました!
それは障子の枠の部分!
もちろん、別館の方が手が込んでつくられています。
詳しくはぜひ実物を見にきてください~。
今後の邸宅ガイドにも加えたいと思います。


また、ACCSの記者さんもボランティアとして参加しつつ、当日の模様を取材してくださいました。
【2月18日からのACCSニュース】内で放映予定だそうです。
どんな感じに映ってるかな~♪


それでは、文章で報告すると盛り沢山すぎて書ききれないので、写真で報告します~!
登場メンバーも盛り沢山です★


【日焼けして黄ばみ、虫に喰われてボロボロの障子。これがどんな風にかわるのでしょう!?】



【まずは、古い紙を剥がす作業。刷毛などで障子の枠部分を濡らし、糊を剥がしやすくします】



【ちゃんと濡らしたら、ペラ~と上手に紙を剥がします】



【枠をキレイに掃除】



【枠だけでも美しい…なんて】



【張り替え作業の舞台は、本館座敷となりました】



【まずは職人さんの業を見てよーく勉強】



【その手際の良さはさすが!】



【適宜、スタッフもお手伝い】



【大きいものや細工の細かいものは職人さんにやっていただきました。うーん、綺麗だ~!】



【私たちが張り替え体験するのは、雪見障子部分の小さな障子となりました】



【職人さんに指導いただきながら…】



【糊をのせて】



【紙を張って】



【枠に沿って切って】



【なんとか張れました♪】



【矢中の杜でインターン中の留学生もチャレンジです】



【ボロボロだった障子も、こんな風に蘇りました】



【別館の付け書院。嵌め込んである上の部分は外せなかったので、今回は張り替えていません。これがかえって新旧のコントラストを浮かび上がらせてくれます】



小さくはありましたが、1人数枚ずつ障子を張り替えることができました♪
これで、邸宅への愛着がさらに増しましたね。


障子の紙が新しくなったおかげで、部屋全体も明るくなりましたキラキラ

ご指導してくださった職人さん、ボランティアで参加してくださった皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:34Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備
こんにちは!
minaです。


以前にもお知らせしましたが、今週土曜日の月例お掃除会についてご案内です♪

今回は、特別企画として【障子張り替え体験会】を行う予定です!!
これは、その名の通り、旧矢中邸内の破れて傷んだままとなっている障子紙をみんなで張り替えようという企画です。

まだ参加受付可なので、週末の予定が決まっていない人、適度に身体を動かしたい人、ちょっと非日常的な過ごし方をしたい人、ぜひ一緒に活動しましょう~!

以下、障子張り替え体験会の詳細です↓

■日時
 2月11日(土) 9:30~16:00 
 ※作業の進行状況によって、終了時間が変わる場合もあります

■場所
 矢中の杜(つくば市北条94-1)

■参加費
 無料(ただし、昼食代は実費負担をお願いする場合があります)

■参加申込み
 NPO法人“矢中の杜”の守り人事務局まで
 TEL 090-6303-4531(受付10:00~17:00)
Email yanaka.no.mori@gmail.com

■備考
・当日は汚れてもよい服装でお越しください。
・張り替える障子の数にも限りがありますので、参加者多数の場合は適宜交代したり、別のお掃除を行ったりする場合がありますが、ご了承ください。
・もし11日が都合が悪いけど、張り替え体験してみたい!という方がいれば、2/9、10の2日間もスタッフが事前作業をしてますので、そちらに参加してもらうこともできます。その場合は事務局へご連絡ください


チラシも合わせてご覧ください↓
■チラシ

  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 18:26Comments(0)邸宅庭園の修繕・整備


みなさま初めまして。NPOメンバーのnaoと申します。

今日は、冬の北条市でした。陽光が暖かかったこともあって、まちには多くの人が出て賑わっていましたよ。
矢中の杜にも、約40名の方々が邸宅公開にお越しくださいました。みなさま、ありがとうございました。

また、実は本日より、当NPOにインターンの学生が来てくれています!
リトアニアからの留学生で、NPOでは矢中の杜の英語パンフレットづくりや、留学生さんたちに山麓地域を案内する企画立案などをしていただく予定です。これから2か月ほど一緒に活動していきますので、インターンについては別の機会に改めて詳しくお話ししますねにこにこ

本日はさらに、筑波大学社会学類の学生さんたちが「社会調査実習」という授業のため、私たちにインタビューをしにきてくれました。日中は公開のお手伝いをしてくださり、大助かり!みなさん本当にありがとうございました♪

さて、前書きが長くなってしまいましたが本題です。

実はこの度、当NPOでは筑波山麓地域で日々活動する者として、この地域の良さや楽しさを広くみなさまに知っていただけたらと思い、「筑波山麓地域」のfacebookページを開設しました!キラキラ
イベント、おいしいもの、いい景色など、たくさん地域情報を発信していきたいと思いますので、みなさまぜひぜひご覧になってみてください!
また、素敵な情報をお持ちでしたら教えてくださると嬉しいですハート
よろしくお願いします♪

「筑波山麓地域 -The Area at the foot of Mt.Tsukuba」
http://www.facebook.com/tsukubasanroku?sk=wall

  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:37Comments(0)その他
連続更新、管理人です。
(めずらしい・・・)

先週土曜、平沢官衙の芝焼きがありました。
(もうすでに、山麓ブロガーの方々はいろいろなところでアップしてますが。)

あの広さの芝を焼くと、かなりモウモウとします。
そして寒かったのが一気に火で熱くなる。




今年は入れるとしたらこの言葉が浮かびますよね。




燃え尽きるまで15分くらいだったでしょうか。
あっという間でしたが、毎回これをみるというのもいいものです。

そして芝焼きの後は、「文化財防火デー」ということで、防火訓練を行ないました。
実際の消化器を使っての訓練です。
これには、文化財に住む者として参加しなければなるまい。
というわけで、(斜め向かいのMさんと一緒に)訓練に加わりました。




<消化器を使うときの心得>
・「火事だーー!!」と叫んで、近隣の人に協力を募る

・消化器のピンを抜き、ノズルを向けて強くレバーを押す
→このレバーが案外固いです。女性は地面において体重をかけるように押しましょう。

・火の3メートル以内に近づき、消化器をぶっぱなす
→この「射程距離」の認識が結構重要です。思ったより拡散して火が消えないのでなるべく近づく


という手順ですね。
日頃消化器を使うこともないので、色々な発見があります。
古い消化器は使えないかも・・・ということなので10年以上未使用の消化器はよく点検したほうがいいのかもしれません。
(同時に、消化器の押し売りに気をつけましょうと消防署員さんの言葉です。)


木造建築にとって火災は非常に危険な存在です。
龍次郎さんも色々工夫はしたようですが、何より日々の防火に気をつけたいですね。


ko
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 11:30Comments(0)その他