PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
こんにちはみなさま。そしてはじめまして。事務局に今年度から入りました、田名辺と申します。
3ヶ月近く登場せずにすみません。

今年の2月に大学の先生づてに紹介していただき、3月ころからお手伝い(いや、邪魔しに来てたのか・・・?笑)に参加させていただいております。矢中の杜、そしてここ北条という町と関わりはじめて早4ヶ月、日々多くのことを学ばせていただいております。

私は青森出身で、地元でも町おこしの活動を4年ほどしておりました。しかしここ、北条で過ごす日々は、先程も申し上げた通り毎日が新鮮であり、勉強です。
何より地域の人々との協力、関わりが強い。まちの人々と過ごす時間は、とても貴重で楽しいです。そして個性豊かなNPOのメンバーの方々・・・。
なにしろ「つくば」のイメージが大きく変わりました。

さて、ここ最近天気が悪かったり、様々どたばたしており、のどかな矢中を見ることがありませんでしたが・・・! (僕自身は土曜日しか来れてないのですが・・・。みなさんすみません。)
午前中は邸宅内外のお掃除。
午後は、今日は天気も良く、集合時間もいつもより早かったため、少しみんなでおだやかに過ごすことができました^^
すいか、風鈴、蚊取り線香・・・。そんな3点セットがそろったならば、もうここは夏ですね。
外は暑いですが、邸宅内は通気性を重視された造りになっているため、中は涼しい! 私自身も気持ち良い土曜日を過ごしました!

また、今日は邸宅ガイドの講習も受けました! 私が矢中のガイドをする日も近い・・・かも? 目下勉強中です。

暑い土曜日は、皆様矢中に遊びに来てみませんか?

以上、新入りの田名辺でした。

写真 縁側ですいかを食べるベテランT(左)と新入りT(右)
  
Posted by 矢中の杜の守り人 at 16:17Comments(0)”矢中の杜”およびNPOの基本情報

2012年06月28日

土曜日は邸宅公開!

おはようございます。
minaです。


先週末の宮清大蔵コンサートを終えて、少し一息、といった今週。
それでも、今度は7月7日の「復興!北条七夕」に向けて、着々と準備を進めています。


が、その前に!
今週土曜日は、“矢中の杜”邸宅公開日ですキラキラ

詳細は以下の通りです晴れ

*日時:毎週土曜日 11:00~、13:00~、15:00~
 (見学ツアー制、各回定員10名、所要時間約1時間)
 ※定員に達した場合、見学をお断りすることがありますので、事前予約をお勧めします

*場所:矢中の杜(つくば市北条94-1)
 ※駐車場は北条商店街共用駐車場をお使いください(徒歩約7分)

*参加費:500円(邸宅維持修繕協力金として)
 中学生以下無料

*お問い合わせ:事務局 TEL 090-6303-4531
            Email yanaka.no.mori@gmail.com


さて、今日は見学の際の見所を改めて少し紹介します。


まずはこれ。




両方とも松ぼっくりです。
でも、片方は極大、もう一方は極小。
この極大の松ぼっくりは、矢中の杜の庭の「大王松」のものです。
ものすごく大きくて、軽く20㎝は超える高さのものもあります。
庭の作業をしに行って、この松ぼっくりが落ちているのを発見すると、テンションは一気にハイになりますグッドグッド

拾っては邸宅の玄関に飾っているので、スタッフとともに見学者をお迎えしてます。

ちなみに、極小の方は、私が自宅付近の公園を散歩しているときに見つけて拾ったもので、普通の松ぼっくりよりもかなり小さくかわいいものです。
でも小さくても形は立派に松ぼっくり!
こちらは知人にあげてしまったので、矢中の杜にはないのですが。


同じ松ぼっくりでもこうも違うとは!
とおもしろくなって、撮った写真でした。


以上!

…というと、見所は松ぼっくりかよ!と突っ込まれそうなので、もう少し邸宅内の写真を載せますね。


【本館玄関ホールの天井。このデザインにもちゃーんと意味があります】



【本館書斎。龍次郎さんはここでお仕事されてたのかな】



【書斎隣の座敷。ここで寛ぐのが至福の一時】



とまぁ、見所はいっぱいですが、別館はさらに豪華になってます。
ぜひご覧くださいにこにこ

ではでは~。  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 08:50Comments(0)邸宅公開
こんばんは。
minaです。

今日、ついに北条小学校全クラスの「竜の子ゴブリン」が集結しました!
もう、本当にかわいいですっ。
誰でも自然と笑顔になっちゃいます。

モニュメントとしてはまだ未完成ですが、このゴブリンたちは明日の宮清大蔵コンサートでちょこっとお披露目し、7月7日の「復興!北条七夕」の際に正式に飾る予定です。

乞うご期待♪

「竜の子ゴブリン」製作の様子を簡単にご紹介します。

【まずは“ゴブリン博士”からゴブリンについてのお話】



【いろんなゴブリンがいるんだよー】



【じゃあ竜の子ゴブリンはどう作るのかなぁ】



【さぁ早速作ってみよーう】



【まずは目を描いて…】



【口はやっぱりピンクがいいかな】



【お、顔が出来て来た―!】



【マニュキアを使って描きました】



【できたら好きなところに貼ってあげてね】



【どこにするー?】



【個性豊かな竜の子ゴブリンたち】



【仲良しくっつきゴブリンも】



【全校生徒の竜の子ゴブリンが集結!】



【とっても賑やかだ―♪】



北条小学校のみなさん、そしてゴブリン博士、どうもありがとうございました!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 00:12Comments(1)5.6竜巻被災・復興
こんにちは。
minaです。

みなさん、昨夜の台風は大丈夫でしたか?
台風以降、私はまだ矢中の杜に行けていないので、被害に遭っていないか気が気でありません。
明日行って確認します。
大きな被害がなければいいのですが…。

それにしてもこんな時期に台風って…さすがに酷です。
しかももう一つ日本に迫ってきているなんて。
北条のみなさんにこれ以上大きな被害がありませんように。


さてさて!
暗い話はここまでにして。
明るいニュースをお届けします!!キラキラ

当NPOも企画運営に携わっている「復興!北条七夕」ですが!
これまで温めてきた企画について、ついにオープンにしちゃいます♪
(ご近所で、一緒に活動している“たかぼんさん”に先越されてしまいましたが…)


それは、北条竜巻復興モニュメント、題して「竜の子ゴブリン」製作ですーグッド

ゴブリンとはなんぞや!?
と思った方々に、ここで熱く語ろうと思っていたのですが、たかぼんさんがしっかり説明してくれてますので、ぜひこちらをご覧くださいませ。

たかぼんのつくば市北条古民家暮らし
http://taka4027.exblog.jp/

…正直、私、書くことなくなっちゃった(笑)


なので、このモニュメント製作に至る過程を少しお話します。

未曾有の被害をもたらした今回の竜巻。
その竜巻によって、まちにはそれはもういろんなものが飛び交いました。
中には思い出のものも、たくさん散ってしまいました。


そんな中、見つかったのが、北条の町地図の看板。
今「北条街かど新聞」を掲示しているところは、元々は北条の町地図が掲示されていたんです。
その町地図は、はじめて街を訪れる人をお迎えしていました。

その町地図が竜巻ですっかりなくなってしまいました。
…ですが、竜巻から数日後、半分になった地図が見つかったんです。
どこでどなたが見つけたのかはわかりません。
そっと、掲示板があったところに置いてありました。

すごく嬉しかった。

状況が状況なだけに、いろんな廃棄物と混ざって処分されてもおかしくないものです。
でも、どなたかが見つけて、それを捨てることもなく、ちゃんと戻しに来てくださったということです。


見事に真っ二つなので、それを元に戻すということは難しいとは思いましたが、どうにかこれを、竜巻の被害を思い起こさせるものではなく、北条の復興を象徴するものにしていけないかと、それを見たときに思いました。

なので、その町地図は、矢中の杜でしばらく預かることにしました。


そして、その後(竜巻から1週間後くらいかな)、今回の七夕企画を思いつきました。
もちろん、この時期はまだまだ街は大変な状況で、私たちも街かど新聞の活動で日々追われていた時だったので、具体的なことまでは考える余裕はなかったのですが、絶対に七夕にちなんで何か前向きなことをしようと心の中では決めていました。


徐々に落ち着いてきて、少し先のこともみんなで考えられるようになった頃、「ゴブリン博士」こと筑波大出身のアーティストの方から、竜巻で発生したガレキを用いたガレキアートについてアイデアをいただきました。
(ちなみに、ゴブリン博士には、竜巻直後の矢中の杜の復旧作業をお手伝いしてもらい、その際にも少しガレキアートについて話す機会がありました)


これだー!!


と思って、即みんなで相談。
あっという間に、町地図と「竜の子ゴブリン」を組み合わせた復興モニュメント製作の素案が固まりました。


そして、矢中の杜では、今年度から北条小学校と連携して、矢中の杜クリーンアップ作戦を行っていますので、その縁もあって、モニュメント製作の際には、ぜひ小学校のみなさんと一緒にやりたいね、ということになり、小学校にお願いに行った次第です。


先生方も快諾してくださり、ついに今週、その「竜の子ゴブリン」の製作に至ったわけです。


小学校の児童たちはそれはもう元気で、楽しく「ゴブリン」を誕生させてくれます。
一緒に見てる私たちの方が元気をもらっているような。


きっと、いや、絶対素敵なものが出来上がると思います。

完成した際には、ぜひみなさんも見に来てくださいね!






北条小学校のウェブページでも紹介されています。あわせてどうぞ!
http://www.tsukuba.ed.jp/~houjou/modules/wordpress/index.php?p=11108  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 17:11Comments(1)5.6竜巻被災・復興
こんばんは。
minaです。


お待たせしましたー!
先月の竜巻以降中止していた邸宅公開、来週土曜日より再開しまーす!!

※※ただし、6月23日(土)は宮清大蔵コンサート協力によりコンサート参加者貸切見学のため、一般公開はいたしません。ご注意を!※※


1カ月強、街の復興活動等でイレギュラーな活動が続き、「ちゃんと本業(矢中の杜の管理)やってるの?」と言われてしまいそうですが、ちゃんと邸宅の方もやってきました!
先週には、みんなで汚れてしまった窓の掃除もしましたしね。


本格的な修繕や工事はまだ着手できていませんが、その下準備も進めています。


震災&竜巻のダブル被災にも負けず、凛々しく建ち続けている我らが旧矢中邸を、ぜひ見学にいらしてください♪


邸宅公開の詳細は以下↓


“矢中の杜”邸宅公開、再開!

*日時:毎週土曜日 11:00~、13:00~、15:00~
 (見学ツアー制、各回定員10名、所要時間約1時間)
 ※定員に達した場合、見学をお断りすることがありますので、事前予約をお勧めします

*場所:矢中の杜(つくば市北条94-1)
 ※駐車場は北条商店街共用駐車場をお使いください(徒歩約7分)

*参加費:500円(邸宅維持修繕協力金として)
 中学生以下無料

*お問い合わせ:事務局 TEL 090-6303-4531
            Email yanaka.no.mori@gmail.com


【竜巻で全面泥だらけになってしまったガラス窓】



【みんなで拭き掃除。おー落ちないでね~!】



【あまりに被害の大きかった建具は外しています。公開しないお部屋もありますがご了承ください】





ちなみに。
今日は、北条復興活動の一つ「お花いっぱいプロジェクト」が行われました!
矢中の杜の敷地も作業スペースとして提供しました。
50名近くのボランティア集まり、街中にお花を配りました。

お花いっぱいプロジェクトについては、
北条街かど新聞facebookページをご覧ください。
http://www.facebook.com/hojyomachikado


北条、竜巻に負けてませんよー!  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:27Comments(0)邸宅公開
こんばんは。
minaです。


当NPOが関わっている北条復興活動のお知らせでーす!!

題して、『復興!北条七夕』!!


★日時
  7月7日(土)10:00~17:00

★内容
竜巻から2ヶ月を迎えるこの時期に、復興への思いを込めて、北条の街中で七夕飾りをしたいと思います!
北条街かど新聞では、これから北条地区で被災されたお宅を中心にお声掛けしていき、「軒先に飾ってもいいよ!」というお宅には、6月末頃に笹と手作りの短冊や七夕飾りをお渡しする予定です。
多くの方々にご協力いただき、街が少しでも華やかに、そして元気になればいいなぁと思っています。


また、それと同時に北条竜巻復興モニュメントの製作も企画しています。
こちらはまた詳細が決まり次第、お伝えしますね!


★主催
 北条街づくり振興会(北条街かど新聞)
 NPO法人“矢中の杜”の守り人



さてさて、そこで、みなさんにお願いがありまーす!

七夕飾りを作るのを手伝っていただけませんか~??
いろんな飾りがあると、きっと街中も元気になると思います♪

なお、各戸にお渡しする笹は、工事等の支障にならないよう小振りのもの(1~1.5m程度)を予定していますので、小さな飾りの方が似合うかなと思います。


作った七夕飾りは、6月26日までに、北条街かど新聞編集室(里山建築研究所内:つくば市北条184)までお届けください!(郵送される場合は申し訳ありませんが、送料は自己負担でお願いいたします。)
なお、街かど新聞は【火、木、金の午後】を中心に活動していますので、持参される場合はできればその時間帯にお願いします。


よろしくお願いいたします~!!


【早速北条の文房具屋さんが赤、黄、青のおはながみを寄贈してくださいました!私は青色のおはながみを託されたので、早速作りはじめました!これは楽しいゾ♪】



  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:03Comments(0)5.6竜巻被災・復興
こんにちは。
minaです。


竜巻から、今日で1ヶ月が経ちます。

その節目に、これまで現地で動いていた1人として、感じたことを綴りたいと思います。
私個人の気持ちをNPOのブログで掲載すること、ご容赦ください(とくに、NPOメンバーのみなさん)。


この1ヶ月、数々の取材を受ける度に「竜巻で北条地区(もしくは矢中の杜)が、被災してどう思われましたか」と聞かれました。
正直、即答できません。
簡単に説明できるほど、現実は甘くない。


でも、1ヶ月を振り返ってみて、1つ思ったことがあります。


つらいこと、信じられないこと、悔しいこと、泣きたくなること、たくさんありました。
でも、それと同じくらい、あるいはそれ以上に、人の温かさに触れ、感謝することも多かったなぁ、と。


思えば、昨年の大震災から1年が経った今年3月のブログで、「感謝の多い1年でした」と書きました。

今もそう。
感謝の多い1ヶ月でした。



「天災は忘れた頃にやってくる」。
今までは、自然に対する人間の驕りへの戒めを表す言葉、自然からの警鐘を表す言葉と思っていましたが、今はそうじゃない気がしています。

人が起こした災難、人が造ったモノが起こした災難に対しては、人は責めることができます。
必ず責めてしまいます。

でも、天災は誰も責めることができない。
その代わり、そのつらさや哀しみを乗り越える強さ、そして感謝する気持ちを思い出します。

昨年の大震災も今回の竜巻も、きっとそういうことなんじゃないかと。


この1ヶ月、これだけ多くの方から「北条をお手伝いしたい」という声が上がったのも、これまで北条のみなさんが、この街を訪れた人に対して誠実に接してこられたからだと思います。
だから、この街をこのまま倒れさせてはいけない、この街の灯を消させてはいけないと、多くの人が動いています。

反対に、被災された方々の中には、そうやって手を差し伸べてくれる多くの方々に対して感謝の気持ちを口にされることも少なくありません。


忘れたころにやってくるのは、天災だけじゃなく、その先に続く、感謝の気持ちなのではないかと思います。


今回の竜巻の件が、全国的に取り上げられたのは、被害のすさまじさを伝えたほんの数日でした。
でも、私たちが目を向けるべきことは、それだけじゃないはず。
そう思います。


【おまけ:矢中の杜の庭園にて、手のひらサイズの切株と、紅葉ときのこのコラボレーション。時に厳しい自然ですが、その反面、こんなところで癒してくれます。かわいいなぁ】

  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 10:32Comments(0)5.6竜巻被災・復興
こんばんは。
minaです。


今日はまた一段と盛り沢山な1日となりました。
なぜかというと、トラック2台分の材木を運搬したんですー!!


というのも、以前に矢中の杜に見学に来てくださった土浦市の元材木店の方から、竜巻被災後に「矢中の杜、そして北条の復興に役立ててください」と在庫の材木を無償提供してくださるとご連絡いただいていたんです。

これまでも当ブログを見て、矢中の杜のことを心配してくださっていたとのことで、竜巻被災後すぐにご連絡くださいました。

本当に、本当にありがたいことです。


竜巻後しばらくの間は、復旧作業などでバタバタしていて、落ち着いてお話できる余裕がなかったのですが、ご近所の里山建築研究所の皆様にお力お借りして、今日無事に土浦から材木を運搬するに至りました。


私は午前中、矢中の杜で待機し、材木を積んだトラックが到着するのを待っていたのですが、到着してみて目を丸くしてしまいました。


なんとその量、3tトラックと2tトラックの2台分!!
どちらのトラックも材木で満載でした。

この量をトラックに積み込むだけでも、相当な重労働だったはず…。





里山研のみなさんだけでなく、ボランティアで運搬作業をお手伝いくださった方々もいて、さらにお昼もごちそうをご用意いただいて、もう感謝で頭が上がりません。
本来ならこちらがご用意すべきところなのに…。


みんなで旧矢中邸で昼食を取り、今度はその膨大な量の材木を保管場所に搬入しました。
いざ自分もその作業に加わると、それがいかに大変か身にしみて感じました。





ちなみに、この保管場所についても所有者のご厚意で倉庫を利用させていただいています。


多くの方々のご支援、ご協力のおかげで、今回の件もこのようなかたちで実現に至りました。


矢中の杜の修繕、そして北条の復興のためにありがたく、そして有効に活用させていただきます。
ありがとうございます。
この場をお借りして、感謝申し上げます。




また、今日はこの材木運搬と同時並行で、北条ではもう一つ大きな作業がありました。

それは、宮清大蔵の大掃除。
これまで北条では、北条街づくり振興会が地域活性化の一環として、江戸建築の土蔵である大蔵を音楽ホールとして活用し、様々なコンサートを行ってきました。
そして今月23日に、またコンサートを実施する予定です。
竜巻で、当初はその開催も危ぶまれましたが、なんとか予定通り開催することとなり、その準備として大蔵の大掃除を行いました。


主催者の予想をはるかに超える数のボランティアが集まったということで、みんなで適宜役割分担して掃除を進めます。
もちろんNPOメンバーもチームごじゃっぺの学生も応援に行きました。


私は大掃除の方には加われませんでしたが、無事に今日一日で掃除は終えたそうです。


みなさん、暑い中、本当にお疲れ様でした!!

一歩ずつ、でも着実に、できることを、ですね。






今日も多くの方々の温かさに触れて元気をもらえた一日となりました。
それにしても、よく動いたなぁ。
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 22:01Comments(0)5.6竜巻被災・復興