PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
こんばんは!
minaです。


今日は矢中の杜の竜巻復興の報告です!
前向きで嬉しいニュースです~!!


竜巻被災の中でも顕著だった、ガラス戸の破損。
すべてとはいきませんが、その多くが今日直りました


数十枚もの破損があったガラス戸。
その破損状況もピンキリで、建具自体から壊れてしまったものもあれば、桟はなんとか無事で、ガラスだけが割れてしまったものもあります。


これまではガラスが割れたところには段ボール等を張って凌いでいました。
でもさすがに明後日にでも直撃するとされる大型台風に耐えられるか不安なので、その前に外側の窓だけでも直したいと焦っていたのですが…。
なんとか昨日今日とで、外側の窓の多くを直すことができました。
もちろん、寄贈していただいた古ガラスも活用させていただきました。


これもたくさんの方々のご支援、ご協力の賜物です。
ありがとうございます。


ただ、やはり建具自体が壊れているものは容易ではなく、本格的な修理とまでいかないものもまだまだ残っています。
今回お願いしたのはガラス屋さんですが、建具となるとやはり建具屋さんのお力も借りなければなりません。

ま、根気強く、復興に取り組んでいこうと思います。


直したところ全部とはいきませんが、いくつか写真で、竜巻直後と比較しながら報告しますね。



◆本館南面六畳間の窓

竜巻直後:所々、飛来物がぶつかって割れています。



修復後:輝きを取り戻しました





◆本館書斎南面の窓

竜巻直後:桟もガラスも割れてしまいました



修復後:桟の修復はひとまず保留にして1枚の大きめのガラスを入れてもらいました
少しでも早く、桟も含めて完全に修復したいところですが、これで台風には耐えられそうです





◆本館廊下東面の窓

竜巻直後:外から撮った写真ですが、どこからか飛んできた角材が突き刺さって割れています



修復後:おかげさまで、キレイに直りました




◆別館2階五畳間南面の窓

竜巻直後:写真ではわかりづらいですが、もっともガラス戸の被害の大きかったところです



修復後:すべて修復するにはまだまだ遠い道のりですが、軽傷だったガラス戸は直していただきました






一歩ずつ、着実に、ですね。

それにしても、ガラス屋さんの手つきに、若者3人衆はうっとり見とれてしまいました。
やっぱり職人さんはかっこいい!


それでは、また!
  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:09Comments(2)5.6竜巻被災・復興

2012年09月26日

講座内容、考えてます

こんにちは。
minaです。


最近、ブログ見てるよ、と言われることが増えてきた気がします。
ありがとうございます。
ブログ、楽しんでいただけているでしょうか?

実は、自分で言うのもなんですが、結構シャイなんです。
いや、ホントに(突っ込まれそうですけど)。


元々、聞かれたり求められた時には誠心誠意応えること、いただいたことやものに対して感謝すること(可能であればお返しすること)は心がけています。
…が、自分から率先してPRや宣伝をするというのは、なかなか苦手分野で…。

そのため、いつもPR不足や広報宣伝不足を指摘されます。
これでも最大限努力しているつもりなのですが…(^^;)


中でも、このブログに関しては、私なりに力を入れています。
ちゃんと発信すべきことは発信しないといけないな、それも活動にとって重要で、活動のために自分にできることの一つだなと実感することが増えてきたので(とくに竜巻の一件以来)。
なので、最近は活動で行ったことの報告だけでなく、活動を通じて考えることや想いなど、多少内面のことでも書いています。


これはね、自分的には結構な進歩なんですよ。
根が面倒くさがりでマイペースで、それでいてシャイなもんで、どちらかというと自分の好きなことをゴソゴソとやってる性質なんです。
自ら心の内を明かすというのもあんまりしない方だったので、ブログでそういうことを書くというのは個人的にはなかなかのチャレンジだったりします。


そんなもんで、決してマメな方ではないですが、これからもボチボチと更新していきますので、見てくださっているみなさんも、ボチボチと楽しんでもらえれば幸いです。
さらにいうと、広報宣伝の苦手な私に代わって、みなさんのご友人やお知り合いの方々にたくさんPRしてもらえると嬉しいです(←これが一番の本音だったりして)。
他力本願ですみません(笑)



さて、それでは活動のPRといきましょう!


以前、ブログでも告知しましたが、「守り人育成講座」の申込み受付、はじまっています。
すでに参加申込いただいた方も何名かおられます。
嬉しいです!
チラシでは講師なんて書いていますが、私たちも一緒に学ぶという気持ちで考えてますので、ぜひお気軽にご参加ください。


講座内容も大枠は決めていますが、詳細については鋭意検討中です。

先日は第1回の講座「文化財保護制度とは」の進め方を考えました。
大きくは、
・文化財、または文化遺産の概念とは
・日本の文化財保護制度の変遷と仕組み
・各種文化財の事例
などです。


どこまで掘り下げようか、
こんなコアな話って自分たちには面白いけど一般の方にとっては面白いのかな?
むむむ、自分たちも改めて勉強し直さないといけないね、

などといいながら、講師二人で頭を抱えつつ楽しんで考えています。


知っているようで知らない文化財の世界。
肩肘張らず、楽しんでもらえるような講座にしていきたいと思います。

それでは、みなさんのご参加、そしてPR、どうぞよろしくお願いします(笑)

  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 10:27Comments(0)“守り人”育成講座
こんばんは。
minaです。


半月ほど先の話になりますが、10月6日(土)は宮清大蔵にてベルリンフィルのコンサートが開催されます。

矢中の杜では、コンサート協力事業としてS席チケット購入の方のみを対象にした貸切見学を行いますので、この日は通常の邸宅公開は行いません。

どうぞご注意くださいませ~。


毎度毎度大盛況の宮清大蔵コンサートですが、今回は竜巻の件もあって、従来に比べて広報宣伝が十分にできていなかったそうで、なんとまだチケットは残っているそうです!

諦めていた方、チャンスですよー!!


詳細は、以下をご覧ください↓

◆ウェブページ:「つくば道 北条さんぽ」
  http://www.tsukuba-hojo.jp/


◆ブログ「たかぼんのつくば市北条古民家暮らし」
  http://taka4027.exblog.jp/


なお、矢中の杜ではチケットの取り扱いはしていませんので、お問い合わせは上記ページの連絡先にお願いしますね。




  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:18Comments(0)北条地区のまちづくり活動

2012年09月16日

人の縁に恵まれて

こんばんは。
minaです。


今日(※)は公開日でした。(※書いている途中で日付が変わってしまいました。15日のことです)
相変わらずギラギラとした日差しで暑い日ではありました。
でもね、蝉の声がしなかったんですよねー。
やっぱり夏も終わりなのかねー、なんてスタッフでもおしゃべりしてました。


今日は、見学者数は決して多くはなかったのですが、数組の見学者の方々のおかげで、なんとも濃厚な日となりました。


矢中の杜は、それはもう大小様々なピンチが訪れるので、いつも何かしら頭を悩まされてます(苦笑)
邸宅の修繕や整備にいたっては、怪我したところをなんとか治してやっと元気に走れるようになったら、また別の怪我をして治療に逆戻り…の繰り返しのよう。
それで下を向く気はありませんが、正直へこむこともあるんですよ、やっぱり。


でも、矢中の杜は不思議なところで、そのピンチに合わせて、なんだかんだヘルプの手が差し伸べられるんですよねー。


今日はそのオンパレードのような日でした。




朝にまず電話が一報。
以前にお世話になったことがある方からなのですが、「矢中の杜の空き地スペースの彩りの一助として、お花の球根を差し上げたい」と。
たしかに表の空き地スペースはどうも殺風景なので、私たちもお花を植えたりというのはやってきたのですが、矢中の杜は敷地も広く、邸宅とその周辺の庭園の維持管理だけでも手一杯で、なかなか隅々まで手入れをする余裕がないのが現状です。

そのため、これまでに枯らしてしまったお花もあるので、「すごく嬉しいのですが、せっかくいただいてもし枯らしてしまったら、かえって申し訳ない、合わせる顔がない」と正直に伝えたところ、「それでは、維持管理の負担にならない方法をこちらで考えてみます、もし必要であれば維持管理を手伝うボランティアも集めてみます」と即時に答えが返ってきました。

もう「ありがとうございます!」の一言に尽きます。





続いて、今日の邸宅公開で見学に来られた方。
元々面識のある方だったのですが、今日は奥様もご一緒とのことで。
一通り邸宅内をご案内しつつ、いろんなお話をしました。
その中で、竜巻で損壊した建具の修繕の話もしました。


このブログでも報告した通り、先日古いガラスをいただくことができましたし、その前には材木を寄贈してくださった方もいます。
あとはそれを使って直せる職人さんがいれば、建具の修繕が進められるのですが、それがなかなか難しくて…。
地元の職人さんはやはりお仕事が詰まっていて、なかなかすぐに取り掛かれるという方がいないんです。


そんな話をしたところ、知り合いにそういう話に理解のある大工さんがいるので声をかけてみる、とその場で電話してくださいました。
するとなんと、先方の大工さんからは「じゃあ今から見に行くよ」とのお返事が。
その大工さん、茨城県北の大子にいらっしゃったのですが、本当に今日来てくださいました。
一通り説明した後、「こりゃ、たしかに仕事にはなんねえよ(まともに仕事としてやったら利益出ねえよ、ということです)、だから利益のこと考えないで遊びでやってやれんか仲間と話してみるよ。すぐにとはいかないかもしれないけど」と笑いながら言われました。
まずそのフットワークの軽さに驚き、そしてその言葉にこれまた嬉しくもなり…。





そして、さらにさらに。
もう一組の見学者の方とも。


その方は、自身の人脈の中でいろいろな技術や能力を持っている人たちがたくさんいるので、その人たちが各々の能力を表現できる仕組みを考えているところで、今その拠点となる場所を探しているとのこと。
そんな時に、雑誌で矢中の杜のことを知って、見学に来られたそうです。


なんと。

私たちは、矢中の杜という空間を持っている側として、この空間を一緒に活用してくれる仲間を増やしたいと常々思っているので、やりようによってはお互いにとってすごくよいマッチングになるかもしれない、とワクワクしました。
(詳しいことは報告できる機会が来たらその時に…)

その方とは、これからどういう形での連携がよいか、ひとまず相談していくことになりました。





そんなこんなで、暑さで緩み気味だった頭も、おかげさまで夕方にはシャキーン!です。
ここで活動していると、本当にいろんな巡り合わせを楽しめます。
それが面白い。


少し話が逸れますが、NPOを立ち上げる前に当時の指導教員にそのことについて相談したことがあります。
その際に、「(NPOを立ち上げるのは)自分の子どもを生むようなもの」と言われました。
生んだら、簡単には放棄できないぞ、ちゃんと面倒見て育てていかないといけないんだぞ、と。


先日、それをふと思い出しました。


そっかー。
今私は子育て中なのかー。
そりゃ、簡単じゃないよなー。


…なんて思ったりもしましたが、おかげさまでこれだけ人の縁に恵まれて、自分の糧になる経験も積ませてもらってるんで、ちょっとやそっとのことじゃやめられないですね(笑)

ピンチとヘルプと双方豊かなツンデレ矢中の杜ですが、みなさんにかまってもらって、ここがどんな風に育つのか、これからも楽しみたいと思います。




一緒に活動しているTさんが植えてくれた紫陽花。
枯れてしまってもうダメかとほとんど諦めていたのですが、先日新芽が出てきました。びっくり。






こちらも一緒に活動しているSさんからいただいた玉竜。
暑さにも負けず、しっかり根付いているようです。






こちらはお隣さんがくださった蝋梅の苗。
これも元気に伸びてます。






この苗たちも、大きく育つまでは見守らないとですね。
みなさーん、これからも一緒に水まき、お願いしまーす。  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 01:56Comments(0)日々の出来事
こんばんは。
minaです。


また一段と黒くなってしまいました…。
9月に入ってからの日焼け。
なんでかって?
理由はこの後説明します。


今日は久しぶりに矢中の杜の竜巻復興に関する報告です。


なんと昨日、東京から、昭和初期の建物に使われていたガラスを寄贈していただいたのです!
まずはその経緯から簡単にご説明しますね。

みなさんは、東京の千駄木にある「旧安田楠雄邸」をご存知でしょうか。
日本ナショナルトラストの保護資産にもなっている、大正建築の近代和風住宅です。
↓こちら
http://www.national-trust.or.jp/properties/y-tei/y-tei.html#komaike2


この旧安田邸の保存活用に尽力されている「たてもの応援団」の方々とは、以前より交流がありました。
「たてもの応援団」は当NPOの何倍も歴史があり、その活動は私たちにとっても大変良い刺激となり、いろいろと学ばせ頂いています。
私たちも旧安田邸に何度か伺ってお話を聞いたことがありますが、反対に「たてもの応援団」のみなさんが矢中の杜に見学に来てくださったこともあります。


5月の竜巻被災の後も、すぐに心配のメールをくださり、何かできることがあれば連絡してくださいと、声かかけていただきました。

そのお言葉に甘えて、竜巻で破損してしまったガラス窓について相談に乗っていただいていました。
何十枚も割れてしまったガラスをすべて古いガラスで修復するのは難しいかと思っていたのですが、少しでも同時期のガラスで修復したいと考えていたので、なんとかガラスが手に入らないかと…。



こちらの無茶なお願いにもかかわらず、「たてもの応援団」の方々は、遠方にもかかわらず矢中の杜まで来て被災状況を確認し、どんなガラスが何枚必要かをリストアップし、ここ数カ月の間、それに合うガラスの調達にご尽力くださいました。


そして、東京で解体される昭和初期の建物からガラスを確保し、昨日、矢中の杜まで運搬してくださったんです。
また、運搬のみならず、ガラスの洗浄、さらには屋根瓦の応急的な修復までしていただきました。


なんというか…。
みなさんのご好意に、心から感謝です。
もう感謝しきりです。


私たちはお言葉に甘えるばかりで今は何もお返しできませんが、このガラスを活用して少しでも早く矢中の杜を復興すること、それが今私たちができることですね。

矢中の杜を応援してくださっている多くの方に、これからも前向きなニュースが届けられるよう、活動に励みます!


それでは、昨日の様子を写真で報告します。


まずは丁寧に梱包をほどきます。





梱包していた段ボールにはこんなメッセージも。
このさりげなさが嬉しかったです。






木枠からガラスを取り外します。
みなさんの手際の良さには脱帽でした。






ガラスの洗浄までしてくださいました。






数多くあるガラスを洗うのは大変な作業だったと思います。
暑い中、本当にありがとうございました。






一方、昨日来てくださった方の中には宮大工さんもいて、邸宅の修繕で短時間でできることがあればやるよ、と言ってくださったので、ぐるっと見て回った結果、屋根瓦の修繕を行うことになりました。


屋根は大震災と竜巻とで、いろいろなところに傷みが来ているのですが、とくに竜巻では飛来物が弾丸のように直撃したところが見事に陥没しています。
大きく陥没したところにはブルーシートをかけていますが、ところどころ陥没している部分はほとんど手当てできないままでした。


そういう部分の、瓦の差し替え作業に力を貸していただきました。
もちろん、安全には十分配慮しつつ。

応急的な処置ではありますが、これで雨漏りの心配も軽減できますし、何より邸宅の傷が少しでも癒える気がして、嬉しかったです。



こんな感じで至る所で陥没しています。






瓦の差し替え後。






別の部分。差し替え前。






差し替え後。






その日は、真夏のような日差しの上、屋根の上なので当然ながら日陰もなく…。
さらに旧矢中邸本館の屋根は陸屋根になっていて、陸部分に敷いてあるシルバーのアスファルトルーフィングが見事に日差しを照り返すので、帽子をかぶっていても日焼けしてしまいます。


大工さんも真っ赤っかになりながら、作業に当たっていました。
もちろん私も…。
二人して汗ダラダラの、ヒリヒリな感じでしたが、何とか本館西側の陥没部分の差し替えを終えることができました。






改めて、「たてもの応援団」の方々に感謝です。
暑い中、本当にありがとうございました!


ブログを見てくださっているみなさんも、ぜひ「旧安田邸」に見学に行ってみてください。
応援団の士気の高い活動に、感動しますよー!!

  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 20:39Comments(0)5.6竜巻被災・復興
こんばんは!
minaです。


これまで、このブログでもちょこっと触れていたあの企画。
ついに詳細が決定しました!
張り切ってご案内しまーす!!
ぜひご覧ください♪
そして、ぜひご参加ください♪♪

以下。

***********************

~一緒に地域の文化遺産を保全活用しませんか?~

“守り人”(もりびと)育成講座         

知っているようで知らない文化財保護の世界。
古いモノには興味があるけど、それを保存活用するってどういうこと?
そもそも文化財って?実のところ文化財保護制度についてよくわからない!!
歴史あるモノに関わりながら、日々を充実させたい!



そんな思いをお持ちの方々へ…

NPO法人“矢中の杜”の守り人では文化財保護に関する講座を開きます!


◆講座内容
  第1回講座:文化財保護制度とは 
  第2回講座:国登録有形文化財「旧矢中邸」の事例と活用事業
  第3回講座:旧矢中邸の邸宅ガイド演習


◆対象(定員15名)
 文化財保護に興味があり、第1~3回の講座を全て受講できる方、
 NPO会員、または講座修了後にNPO会員として活動に参加できる方 
 ※全講座修了を以てガイドに認定いたします。
  認定後、ご都合の良いときに矢中の杜の活動にガイドとして参加ください。


◆講師
 井上美菜子(NPO副理事長、筑波大学大学院世界遺産専攻修了)
 早川奈穂美(NPO理事、筑波大学大学院世界遺産専攻修了、同世界文化遺産学専攻在籍)


◆日時
 第1回 10月13日(土)16:00~18:00
 第2回 10月27日(土)16:00~18:00
 第3回 「筑波山麓秋祭り2012」期間中の矢中の杜邸宅公開日(11月3日、4日、6日、8日、      10日、11日)のうち都合の良い日にガイド演習を行います


◆開催場所
  矢中の杜(つくば市北条94-1)
  ※詳細は、参加決定後、ご連絡します。


◆受講料
  無料!さらに修了者には認定証を差し上げます


◆お申込み方法
 下記の連絡先に、電話またはEメールにて御連絡ください
 締切=10月8日(先着順。定員になり次第締め切らせていただきます)


◆お申込み&お問い合わせ
 NPO法人“矢中の杜”の守り人
  TEL:090-6303-4531
  メール:yanaka.no.mori@gmail.com
 

※この事業は、「2012年中央ろうきん助成プログラム」の助成により実施するものです


↓チラシもご一緒にご覧ください。



皆様のご参加、心よりお待ちしております!

  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 21:32Comments(0)“守り人”育成講座

2012年09月04日

【月例大掃除】大散髪

こんにちは、おひさしぶりです、kouです。
私の更新はすっかりご無沙汰なのですが、今日は先週土曜に行った月例大掃除のレポートをします。

今回のメイン作業は、邸宅玄関前に生える木々の伐採です。
これまで、なんとかしたいなあと思っていたもののなかなか手を出せずにいた我々に協力助っ人が・・・

【壮観…クレーン車…ッ!】

PHOTO BY P

NPOの会員でもあり、谷田部で造園業を営まれている東郷さんが今回はクレーン車(でいいのかな?)を携えてやってきてくださいました。
矢中の狭い入口に華麗なハンドルさばきで車を搬入し、ばっさばっさと積年の伸び放題の木を切ってくれました。

【どうですか、この雄姿…ッ!】

PHOTO BY P

そして、東郷さんが切ってくれた木は、下でせっせとまとめます。
いつもながら、頼りになる皆さまです。

【暑サニモ負ケヌ丈夫ナ身体を持ツ皆様】

PHOTO BY P

【見た目よりもはるかに逞しい彼】

PHOTO BY P

そして、月例掃除といえば恒例のカレー。
竜巻以後、初めて作りました。


【今回は手羽元とココナッツのバターチキンカレー】

PHOTO BY P

【これまた恒例のいただきます】

PHOTO BY P


みんなで食べると美味しいです。
午後になっても天気は、晴れ、晴れ、晴れ。
熱中症に気を付けながら、作業を続けます。
(本当は作業は大きく2つの部隊に分かれてたんですが、そちらは気が向いたらまた今度。。)

そして、夕方4時。


【とても見栄えがよくなりました】

PHOTO BY P

これ、ぜひブログのサイドバーの画像と比較してみてください。
玄関の階段から、爽やかな日差しがのぞく様になりました。


【いつもと違う景色】

PHOTO BY P


最後は、掃除のメンバーで記念撮影。


【カメラマンの彼も今回は写ります】

PHOTO BY KO


木というのは不思議なもので、こうして触れてみると当たり前ですが、生き物なんだと強く実感します。
作業の合間に聞く東郷さんの木や庭のお話はいつも楽しく、またタメになります。
こうして、いろいろな方との縁で、矢中の杜は今日も活動を行なっている。
歩みはj決して早いものではありませんが、その過程、道中を楽しみつつこれからもやっていけたらと思っています。

さ、イベントも多くなる秋がくる。がんばるぞ~。


【参考】
東造園HP(東郷さん) http://www.geocities.jp/azumazouen/
ブログ(矢中の杜のことも載っています) http://blogs.yahoo.co.jp/azumazouen

  

Posted by 矢中の杜の守り人 at 00:27Comments(0)月例お掃除会