2010年11月05日

Artist in Residence

もうこんな時間だけど、記事更新します。
この一週間、泊り込みで作品をつくっているAAPA(Away At Performing Arts)。
生活が邸宅に溶け込みながら、少しずつここに馴染んでいく彼らが織り成す世界は、
僕たちにちょっと違った見方を与えてくれます。

・・・そんなこんなな一週間、よく考えてみたらこれって、Artist in Residenceってやつですよね?
これまでArtist in Residenceなんて、芸術家の人たちが長期間滞在するだけのことと考えていました。
でも、実際は違うんです。
邸宅に生活が溶け込むように、生活に「アート」な感覚もまた溶け込んでいくんです。

「アート」って気づきなのかなぁって。

ついに明日は本番です。
まだ、チケットあります。(日曜の昼は完売です。)

このブログをみてふと思い立った方は矢中の杜にきてみてください。
きっと「ほかでは味わえない時間」を体験できると思いますよ。


<練習風景。空池>


同じカテゴリー(活用イベント)の記事画像
4/6-7 花嫁写真と邸宅公開
3/30花嫁行列&提灯取替えの儀の記録
イベント当日の駐車場のご案内&着付体験申込み受付終了
乙女のつくば道のチラシ
この方々に教わります!着付体験&花嫁修業体験の先生方のご紹介
「春の嫁入り」企画立案までの道のり
同じカテゴリー(活用イベント)の記事
 4/6-7 花嫁写真と邸宅公開 (2013-04-05 07:22)
 3/30花嫁行列&提灯取替えの儀の記録 (2013-04-04 09:00)
 花嫁行列&提灯取替えの儀、めでだく執り行うことができました (2013-03-31 20:45)
 イベント当日の駐車場のご案内&着付体験申込み受付終了 (2013-03-28 21:52)
 乙女のつくば道のチラシ (2013-03-19 09:07)
 この方々に教わります!着付体験&花嫁修業体験の先生方のご紹介 (2013-03-04 21:09)
Posted by 矢中の杜の守り人 at 23:56│Comments(1)活用イベント
この記事へのトラックバック
公演の会場となった旧矢中邸の様子 矢中邸についてはこちら—-> 矢中の杜”の守り人ブログ...
旧矢中邸【all things are in a state of FLUX】at 2010年12月02日 16:12
この記事へのコメント
今日は邸宅公開と公演で、休まる時間も無かったと思います。
何はともあれ、お疲れ様でした。

なかなかすばらしい公演だったと思います。
先ず驚いたのは、ダンサーってほとんどアスリートなんですねぇ。
生半可な鍛錬では、思い描いたとおりの表現ができないと言うことなんでしょう。
演出のことなんてわかりませんが、移動しながらのパフォーマンスにも無理は無かったように思えます。
あまり書くとネタバレになりますけど、なるほどそんな手段でパフォーマンスに誘導するのかと感心しました。
惹き込まれたように観客が、無言で見入っていたのも印象的ですし。
最後のパフォーマンスが、ちゃんと『儀式』になっていましたね。
昼の部と夕方の部では印象がずいぶん違いましたが、甲乙はつけがたいと思います。
皆様にも、よろしくお伝えください。
Posted by そらねこ at 2010年11月06日 18:54
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。