こんばんは。
minaです。


昨日のつくば市北条地区の竜巻発生について、昨日から本当に多くの方々からお気遣いのご連絡をいただきました。
皆様へ個別にお返事することはもうしばらくできそうになくて申し訳ないのですが、皆様からの反応、とてもありがたく思っています。
個別にお返事が出来ない分、当ブログ等でなるべく情報を発信できるよう、記事を書いているところです。
ただ、伝えたいことはたくさんあるのですが、自身の中でもなかなかうまくまとらず、苦戦しているというのが正直なところです。

ひとまず、本日私たちが行った作業について報告していこうと思います。
時系列で書くのがいいでしょうか。


今日はNPOのスタッフと学生メンバーで現状確認と応急的な復旧作業を行うべく集まりました。
前日の報道の様子を考えると北条の中に車で入るのは控えた方がいいだろうと判断し、お隣の平沢官衙遺跡の駐車場に車を停めて、歩いて矢中の杜に向かいました。

矢中に着いたのは9時半~10時。
天候は、昨日の嵐がうそのような晴れ。

まずは現状確認をしないことには行動もできないと思い、矢中に着いてすぐ、全員で邸宅と庭園を一回りしました。
昨日駆けつけてくれたNPOメンバーから被害の状況はある程度は聞いていたとはいえ、やはり堪えます。
(被災直後の状況は前記事で報告してますので、そちらをご覧ください)







矢中の確認を終えた後、今までとてもお世話になった方々の安否も把握すべく、商店街にも足を運びました。
全員と会えたわけではないですが、私たちの知り合いの方々の身体はなんとか大丈夫そうでした。
が、そのことに胸をなでおろす半面、思い出深い建物がことごとく壊滅的な状況で、言葉になりません。


また、ものすごく残念なことに今朝の北条では酷い野次馬渋滞が発生して、復旧作業の大きな障害となっていました。
ここにいる人のどれだけが、本当の関係者なんだろうか…。
地域の勝手がわかっていない人、土地勘がない人ほど、無理な車の乗り入れをして作業の大きな妨げになっているという印象です。
皆様、どうかお願いですから、むやみな現地訪問だけは控えてください。


地域を一巡して、知り合いの方々とも話して考えた結果、現状は私たちのような若者や学生がふらっと行って何か役に立てるという状況ではないこと、まずは行政や自衛隊、専門業者などのプロが動いて少し落ち着いたのち、細かなフォローが必要になったときに私たちが一番お役に立てるのではないかと判断しました。


そのため、今日は自分たちの持ち場を整えることに専念し、矢中の杜の復旧作業に取り掛かりました。


作業は、邸宅内と庭園に分かれて行いました。


邸宅の最も大きな被害はガラスの破損です。
破損状況を改めて確認したところ、

・全損(窓枠+ガラスの破損)のガラス戸:5枚
・ガラスの破損:31枚

という状況です。



これらのガラスが邸宅内に散乱している状況だったため、まずはその片づけを行いました。
依然停電のため、掃除機は使えませんから、手とガムテープ、箒で出来る限りの清掃を行い、14時ごろまでには大方のガラスは片付きました。
集めたガラスは段ボール何箱にもなっています。




つぎに、割れた部分に段ボールやブルーシート、板などをこまめに張っていき、邸宅内の作業を終えました。





一方、庭園の方はそれはもういろいろな飛来物が散乱していてどこから手をつけていいのやら、という状況ではありましたが、ひとまず敷地外に影響を及ぼしているところを整えることから始めました。


というのも、敷地北端、北条小学校の通学路に面している塀が軒並み倒れ、庭樹も倒れて通学路を塞いでいる部分があったので、せめて子どもたちが通学できるよう、倒木を処理することが最優先でした。

途中、何名かの助っ人も来てくださり、塀もこれ以上倒れないようロープで引っ張るところまで進みました。
















北面の応急処置を終えたら、飛来物を一箇所にまとめるべく、前庭の方へ運搬していきました。
それはもう、本当にいろいろなものが落ちています。
とくに怖いのが、建材であったと思われる木材などです。
木材には無数の釘がささっていて、少しでも気を抜くと運搬中に身体に刺さりそうな状態で…。

また、トタン屋根の一部やどこかの店舗の看板などの大きなモノもあります。

これらの大物を一固まりにしたところで、16時。
写真のもの全て、他所から飛んできたものです。
トラック一台分は軽く超えるでしょうか。




ひとまず今日の作業はここまでということで、飛来物の上にブルーシートを被せて、切り上げました。



戸締りをして、平沢官衙遺跡まで歩いて駐車場で解散です。


また、前記事では触れていない被害として、瓦の崩落、雨樋の破損等々も見受けられました。






作業途中、多くの方々が被害状況確認のために来邸されました。
市役所の方、気象庁の方、警備会社の方、報道の方、議員の方など…。

また、差し入れを持ってきてくださった方もいらっしゃいました。


感謝と哀しみと憤りと…いろいろな想いがぐるぐるした一日となりました。


明日も作業に取り組む予定です。
また報告します。


同じカテゴリー(5.6竜巻被災・復興)の記事画像
北条竜巻被害支援チャリティーコンサート!
数々の職人さんを唸らせるモノとは…!?
多くのガラス戸が直りました!
東京より、昭和初期のガラスを寄贈していただきました
お盆ですね!復興盆踊りとお盆休み~※追記あり
北条の三角神輿「響獅紫」、再興中です!!
同じカテゴリー(5.6竜巻被災・復興)の記事
 あの日から半年ですね (2012-11-06 23:21)
 北条竜巻被害支援チャリティーコンサート! (2012-10-21 21:34)
 数々の職人さんを唸らせるモノとは…!? (2012-10-08 18:28)
 多くのガラス戸が直りました! (2012-09-29 21:09)
 東京より、昭和初期のガラスを寄贈していただきました (2012-09-10 20:39)
 お盆ですね!復興盆踊りとお盆休み~※追記あり (2012-08-13 11:31)
Posted by 矢中の杜の守り人 at 00:39│Comments(0)5.6竜巻被災・復興
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。