2012年10月21日

レトロな鍵の再生

こんにちはー。メンバーのnaoです。
この週末はいい秋晴れで、とっても過ごしやすかったですね!
みなさんどこかに行かれましたか?

矢中の杜では、土曜日に邸宅公開を行ないました。
いい気候になったので、山麓にはサイクリストさんやウォーカーさんがたくさんいて、
矢中の杜にも立ち寄ってくださいました^^ありがとうございました。

そして土曜日、邸宅公開と併行して、地下室「縁の下」の扉の鍵を再生してもらいました!
「縁の下」は大谷石で造られた元・貯蔵庫です。地面より上にあるのですが、邸宅の
1階が高い位置にあり、その下に位置するため地下室としています。

扉はこんな感じ。


ここの錠前は使えなかったのですが、来月「筑波山麓秋祭り」があり、それに合わせて
ここで「うつわ展」を開くため、この度直すことにしました!

お願いしたのは、つくば市作谷にある「佐竹鍵店」さん。すてきなおじ様です。
矢中の杜では修繕を通じていろいろな職人さんに出会いますが、職人さんって
すてきですよねー。

まずは錠を分解。


中身は防犯上お見せできませんが、何かの虫の卵?でいっぱい…。おぅ…。


今回初めてこの錠前のメーカーを見ましたが、「OCEAN」という会社製です。
私はおろか、鍵屋さんも馴染みがないとのことです。どこの会社だろう…?

そして錠をいったん持ち帰り、鍵を新たに作ってきてもらいました(手彫り)!

こんな鍵です!!


レトロで良いです!この探偵もののモチーフで出てきそうな鍵穴の形状と、棒鍵が
たまりません!!

当初は錠ごと取り換えか、と心配していたので、元の錠を利用して鍵を再生して
くださったので、本当に良かったです^^

ガチャリ。

たまらん…。

こちらの地下室「縁の下」で、来月3日~、陶芸家兼子美由起さんによる「うつわ展」
(入場無料)を行ないますので、みなさんぜひ見に来てください!
大谷石の蔵とモダンな陶器、とってもすてきです♪
よろしくお願いします^^

同じカテゴリー(邸宅庭園の修繕・整備)の記事画像
工事経過:コンクリート打設
別館の足場が取れました
工事経過:本館西側石階段と3/16邸宅公開中止のお知らせ
工事経過:本館西側石階段配管工事
工事経過と平沢官衙遺跡芝焼き
工事経過
同じカテゴリー(邸宅庭園の修繕・整備)の記事
 工事経過:コンクリート打設 (2013-03-26 20:44)
 別館の足場が取れました (2013-03-12 09:09)
 工事経過:本館西側石階段と3/16邸宅公開中止のお知らせ (2013-03-06 19:51)
 工事経過:本館西側石階段配管工事 (2013-02-24 23:45)
 工事経過と平沢官衙遺跡芝焼き (2013-02-01 21:54)
 工事経過 (2013-01-17 22:37)
この記事へのコメント
佐竹鍵屋さんは、知り合って損なし!!
もっとステキなのは、あのおじ様のテクニックを、継ごうとしているお弟子さんがいること!very good☆

そして3枚めのお写真ですが!!
あら♪すてきなモノを発見したでござるなぁ~
それは、まさに土蜂ちゃんのお❤う❤ち❤
土蜂は、ツチバチ科の昆虫の総称でして、
○○バチ!と断定まではいきませんが。
※自然豊かな証拠ですね(^_^)v

長々と失礼しましたm(__)m
Posted by M.S(うんちく&暇が大好き) at 2012年10月24日 18:34
M.Sさん、コメントありがとうございます!
佐竹鍵店さんをご存じなんですね。すてきですよね~。
お弟子さんがいるとは、素晴らしいことですね。

土蜂の巣と教えていただき、ありがとうございました。
ネットで少し調べてみましたが、この蜂、矢中の杜でよく見かけます!あの子だったのか~。鍵穴の中はさぞ居心地がよかったでしょうねぇ。

M.Sさんも、ぜひ一度矢中の杜にいらしてみてください!
お待ちしています♪
Posted by 矢中の杜の守り人矢中の杜の守り人 at 2012年10月26日 15:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。